2007年02月14日

ナルニア国物語とスチームボーイ

映画を固め見してみました。
といっても二本ですが(笑

一本目はナルニア国物語。
古典ファンタジー原作のゲームで、作品の雰囲気もなつかしのRPG世界そのままでいい感じです。
また装備も十字軍当時のものを意識しているっぽく、鎖帷子の鎧で、その上に紋章の入ったコート(タバード)を着ています。
この辺の考証はなかなかいいかなと思います。
まあ、戦闘シーンはアレですが・・・

でも、ストーリーは今ひとつ。
主人公達の心情の変化が今ひとつ見る側に伝わってきません。
後から考えればわかるのですが、説明不足感は否めません。

あとは、CGが弱いですね。
かなりチャチに見えます。
ビッグタイトルの割には予算が取れなかったのでしょうか。
その辺の裏事情は知りませんが。

というわけで、ナルニア国物語はいまいち。


次にスチームボーイ。
3年も前のアニメになりますが、まだ見ていませんでした(笑
こっちの方が断然面白いです。
比較してはいけないぐらいに(笑

内容は日本では珍しいスチームパンク物です。
19世紀半ば、極めて強力な蒸気機関が発明され、それをめぐる物語です。

主人公レイはまだただの発明好きの少年ですが、父と祖父はアメリカの大企業で開発を担当する発明ファミリーの一人。
しかし、その祖父と父が発明に対する見解の違いで争い、さらには企業、別の発明家が絡んできて自体が大きく進みます。

レイは巻き込まれ型の主人公なわけですが、発明は人々の幸せのためにある、という信念を持っていて、それにしたがって行動します。
それでも少年なのでだまされたりしまくるわけで、どの陣営が何を考えているのか序盤は見えず、次々とどんでん返しが繰り広げられ、スピード感のある作品になっています。

やがて、誰と対立しなくてはいけないかはっきりし、その目的を阻止しようとします。
しかし、そこでもまたどんでん返し。
最終目標と視聴者に思わせたものはこれまたフェイクで、実際はもっと恐ろしい陰謀が渦巻いています。

そんな感じで最後まで結末が読めず、非常に楽しめました。
これはお勧めだと思います。


スチームボーイ 通常版


posted by Cion at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

亡国のイージス

と、都庁が沈んでゆく〜;;
(都庁とイージス艦の建造費はほぼ同額の1200億円)

と言うわけで、亡国のイージスを見ました。
いきなり、先任伍長なる謎の人物が出てきて、これはとんでも映画か?と思ってしまいました。

まず、伍長は陸軍の階級であり、海軍は二等海曹あるいは三等海曹に相当します。
海軍は時期によって呼び方が変わっているし、兵科によっても変わる(例えば、航空科だと二等飛曹になる)ので、かなりややこしいです。

要するに、下士官の一番下っ端が伍長であり、さらに軍隊の用語であるため自衛隊には使用されていません。
さらに、伍長に先任(その部隊に所属する同階級の者で、一番最初に昇進した者)をつける例も知りません。

はぁ?と言う感じでした。
で、調べた結果、2003年に陸軍の伍長とは無関係に設置された役職でした。
私の無知でした。
また勉強になってしまいましたw

詳細↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E4%BB%BB%E4%BC%8D%E9%95%B7

その艦に所属する最も上位の海曹が任命されるようです。
どうりでえらそうにしているわけですね。

さて、イージス艦いそかぜ(これも変なネーミングです。イージス艦には旧帝国海軍の巡洋戦艦ないし重巡洋艦の名前がつけられている)が反乱を起こすお話です。

アメリカ的に力で解決せず、人間の心理に訴えて鎮圧していく話なのですが、2時間の映画に収めるにはちょっとボリュームがありすぎたようです。
各キャラがそれぞれ複雑な背景を持っていて、それが行動の動機になっているのにいまいちわかりませんでした。
これは残念。

あと、見所は本物のイージス艦が使われているところですかね。
映画に使われたのはイージス艦みょうこうだそうです。

さらに、エンドロールを見ているとDDG171はたかぜの名前が。
この艦には乗ったことがありますw
どこに出てきたんでしょう。
もしかして、一番最初に交戦する船?w

映画で使われる船内のシーンはもちろんセットだそうですが、ちょっときれいすぎるようなw
少なくとも、私の見たはたかぜはもっとぼろっちかったですw
もちろん、ぼろくともとても清潔ですけどね。

あと、地味にスタッフに庵野秀明が加わっていたりしてびっくりですw

この映画は、原作の小説を読んでから見たほうがいいのかもしれません。
最近見た映画、「ローレライ」「戦国自衛隊1549」「亡国のイージス」いずれも1巻(もしくは上巻)は持っているのに、全く読んでいません。
これも読みたいですね。

しかし、わざわざ特殊爆弾を使って撃沈しようとせず、イージス艦の迎撃能力を超える数のミサイルを撃ち込めば簡単に沈められるのに、何で誰も思いつかないんでしょうね。
アメリカ人なら確実に思いついていますw

亡国のイージス
亡国のイージス真田広之 福井晴敏 阪本順治

ジェネオン エンタテインメント 2005-12-22
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star詰め込みすぎかな...
star福井原作映画化なかでは上質の出来では!?
star凄いんですけど…。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

Mr.インクレディブル

ちょっと昔に話題になったMr.インクレディブル、見てみました。
なんともアメリカンなのりですが、現代の世相を反映しているというか、ちょっとアメリカンヒーロー物を継承しつつも一線を隔していました。

ストーリーは、スーパーヒーローと呼ばれる特殊能力を持った人々がいる世界。
その世界ではスーパーヒーローが数々の事件を解決し、人々から絶大な信頼を得ています。
しかし、スーパーヒーローたちのあまりの力に事件は解決するものの、街はめちゃくちゃになります。

街の復興費用や、財産を失った人々からの訴訟が相次ぐようになり、政府はスーパーヒーローの過去の破壊活動は不問とするものの、以後スーパーヒーローとしての活動を禁止するという措置に出ました。

Mr.インクレディブルもそんなスーパーヒーローの一人。
一般人として社会になじめず、過去の栄光と、ほんの些細な正義の味方をやって鬱憤を晴らす日々。
そんな彼にスーパーヒーローの力が必要だとの謎のメッセージが届きます。
Mr.インクレディブルは家庭も顧みず、その依頼に飛びついてしまいます。
ところが・・・という感じの話ですね。

面白いのが、Mr.インクレディブルの奥さんもスーパーヒーローで、子供たちもスーパーヒーローなのです。
でも、奥さんは一般人としてやっていく決意を固めていて、Mr.インクレディブルは完全にイニシアチブを奪われています。

子供たちもスーパーヒーローの力を発揮したいのに、奥さんがストップをかけています。
そんな中、Mr.インクレディブルの身に事件が・・・

というわけで、家族総出のどたばたになるわけです。
最後は家族愛で占めるあたりがやはりアメリカ映画ですけどね。

私が聞いた限りでは前評判が余りに良かったので、ちょっと肩透かしのような感じです。
おもしろい、といえば面白いんですけどね、やっぱりアメリカンなのりにちょっとついていけない部分がw

あと、面白いのはCGですね。
この映画は全編CGなのですが、キャラクターは一目でCGとわかります。
でも、背景がとてもきれいに描きこまれていますね。
これは一見の価値があるかもしれません。

スターウォーズ EP3でもCGのすさまじさを見せ付けられましたが、ハリウッドのCG技術は相当高いレベルにありますね。
残念ながら、FF7ACでもちょっと引けをとってしまうかなという気がします。
制作費が桁違いだろうとは思いますが、日本のCG技術者たちももっとがんばってほしいですね。


Mr.インクレディブル
Mr.インクレディブル㠂 ? 㠃 ? 㠃 ? 㠂 ? 㠃 ? 㠃 ? L . 㠃 ? 㠂 ? 㠃 ? 㠂 ? 㠂 ? 㠃 ? , 㠀 ? 㠂 ? 㠃 ? 㠃 ? 㠃 ? 㠂 ? 㠂 ? 㠃 ? 㠂 ? 㠃 ? , 㠀 ? 頻 ? 栜 ? 砞 ? , 㠀 ? 䠸 ? 栵 ? 堏 ? 堒 ?

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-06-15
売り上げランキング : 191

おすすめ平均 star
star作品自体は好きだけど・・・
starエンターテイメントの最高峰!
star人間より人間らしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

戦国自衛隊1549

今日はファンタシースターオンラインのメンテの日です。
現在ファンタシースターオンラインでは期間限定経験値2倍ボーナスと言うある意味ふざけたことをやっているので、サルのようにはまる予定でした。

でも定期メンテで出来ません。
なので、見たいと思っていた映画を見ました。

それが戦国自衛隊1549です。
1974年に配給された戦国自衛隊のリメイクではなく、シチュエーションを踏襲しながらオリジナルの作品になっています。

ストーリーは実験中に突如戦国時代にタイムスリップしてしまった陸上自衛隊の1部隊が歴史に干渉してしまい、その影響が現代に出てしまいました。
このままでは現代世界は消滅し、新たに作り変えられた世界が出現してしまう。

それを阻止するために実験と同じ状況が再現できる日に別部隊が歴史の改変を阻止しに行くというものです。


戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)
戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)江口洋介 福井晴敏 手塚昌明

角川エンタテインメント 2005-12-22
売り上げランキング : 336

おすすめ平均 star
starお子様かあるいは・・・
star滋味を発揮
star先入観なしに観た感想です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





以下ネタばれあります
posted by Cion at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

パイレーツ・オブ・カリビアン

パイレーツ・オブ・カリビアン見ました。
各方面で絶賛されているので、かなり期待して見てしまいましたが、ちょっと拍子抜けかなという感じです。

冒険物としてはまあ良い出来でしょう。
ただ、海賊物かというとちょっと疑問符がついてしまいました。

最初に期待したのが、荒くれものたちの海賊船が海軍相手に大暴れするというものだったので、そこも肩透かしでした。
まあ、それは私の勝手な思い込みなわけですがw

ただ、海賊ジャック・スパロウのかっこよさは特筆物ですね。
台詞回しもうまいし、行動が全く読めないのが良いです。

以下ネタばれあります!


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディションジョニー・デップ ゴア・ヴァービンスキー オーランド・ブルーム

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-12-21
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star想像以上!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_04.gif


続きを読む
posted by Cion at 15:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ローレライ

ローレライ、見終わりました。
さっきの記事、間違いでした。
設定上、知っていることになっていました。
これ以上書くとネタばれかな?

正直、細かい突っ込みどころが無数にあります。
しかし、それらの全てを吹き飛ばす事態がw

あるシーンのテロップで「テニアン島 空軍 第○○爆撃隊」とでます。

・・・(゜Д゜)

空軍・・・???????

アメリカの空軍は1947年設立です。
劇中は昭和20年、すなわち1945年です。
まだ飛行機は陸軍の指揮下にあるのです(海軍にもある)
なんてこったorz
自衛隊が監修しているのに、何やってるんだヽ(`Д´)ノ

でも、それらを差し置いてもものすごく面白かったです。
戦闘に参加している人々がなぜ戦っているのか、はっきり描かれています。

ある人は家族のために、ある人は故郷のために、ある人は亡き妻の思い出がある街を守るために・・・
ごく普通の人々がなぜ戦いにおもむくのかをはっきりと描いています。

私の勉強した限り、おおむね当時の人々はあんな感じだったようです。

そして、艦長の孤独。
小なりと言え、一艦を預かる身。
時として非情な決断を下さなくてはいけませんでした。

その辺が実に丁寧に描かれています。
昨日見たスターウォーズよりはっきりと共感できます。

それだけに、それだけに考証ミスが痛すぎる(´Д⊂
一発でわかるCG。
今度は逆の意味で昨日見てしまったスターウォーズと比較してしまいます。
改めてハリウッドの技術力に驚かせられました。
CG技術なら日本も負けていないと思っていたんですけどね。

ちょっと見る人を選びますけど、いい映画だと思います。
戦争物ですが、戦闘シーンはおまけみたいなもの。
というか、あはは、こんなことやってるよ、ぐらいの気持ちで見ないとダメですw
それぐらいインチキくさいですw

それよりも、極限の状況下の人間ドラマに見ごたえがあります。
でも、ちょっと歴史を勉強しないと分からないかも?w

それにしても、原作から入るスタイルの私がそれを破ってしまいました。
原作は文庫本4冊のボリュームです。
それを一本の映画に収めるとは、相当解釈を変えてきたのでしょう。
アマゾンの評価が二分されるのは、原作ファンと映画ファンにきれいに割れたからでしょうね。
これで、原作を読む楽しみが増えました。


ローレライ スタンダード・エディション
B0009UAZKQ役所広司 福井晴敏 樋口真嗣

ポニーキャニオン 2005-08-19
売り上げランキング : 264

おすすめ平均 star
star酷評する人もいますが
star何度も見たくなる切ない映画
starLORELEI

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_04.gif

原爆じゃない、新型爆弾だっ!【ローレライ】

今、ローレライを見ています。
始まって10分ぐらいですが、激しく突っ込みたいところがw

8月6日、海軍の参謀たちが話をしています。

「広島に原爆が落ちた」

ウソつけっwww
その段階では新型爆弾と呼ばれているはず。
(8月8日の朝日新聞に新型爆弾と書いてあるのを確認。ちなみにこの頃の朝日新聞は大本営発表を垂れ流し、国民と一緒に狂喜していたりしますw)

日本が広島に投下された爆弾が原子爆弾であることを確認したのは8月10日のことです。

なぜ分かったかというと、病院に設置してあったレントゲンのフィルムが全て感光していたからです。
つまり、その時点でようやく放射線を発する兵器、原子爆弾が使用されたことが分かったのです。

偶然ではない証拠に、保管庫にあったフィルム(放射線を通さない)は全く感光していませんでした。
つまり、8月6日の攻撃が原因であることが分かったのです。

しかし、時はすでに遅し。
前日の8月9日には、二発目の原子爆弾が投下されていました。
アメリカがなぜそんなに日をおかずに投下したかと言うと、広島に落とされたのがウラン型原子爆弾、長崎に落とされたのがプルトニウム型原子爆弾。

日本が原子爆弾の存在に気がついて、降伏してしまわないうちに「実験」を行ったのでした。
というわけで、日米同盟支持者の私も、空母ハリー・トルーマンが日本にきたら、絶対に行って、石を投げてくるつもりですw

そんなヘビーな背景があるにもかかわらず、サラリとウソを言うんじゃないww
この映画、結構楽しみにしていたんですけど、先行きが不安なような・・・w
posted by Cion at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

スターウォーズ EP3 シスの復讐、DVD版見ました。

感想。
な、なんじゃこりゃ!

劇場で見たときは字幕版だったので、字幕を追うのに必死でした。
それでもストーリーはつかめました。
その時の感想は、ふーん、こんなもんか、でした。

結果が見えている話でしたしね。

でも、私は字幕版が嫌いなのです。
なので、DVDで出た時は必ず吹き替え版で見ます。

吹き替え版で見たら・・・
役者たちの演技、CG、カットの作り方・・・抜群ではありませんか。

圧巻はヨーダですね。
ヨーダは全てCGのはずなのに、ちょっとしたしぐさや表情でどんな思いでいるのかが分かります。
これは字だけでは伝わってこない、動画にしかできない演出ですね。
それをCGでやってのけるとはスタッフたちの技量に脱帽です。

アナキン、オビ=ワンやパドメもうまく心情が表れていました。
字幕で追うだけのストーリーでは到底理解できないいい演技でした。

冒頭の戦闘シーン、やっぱり圧巻ですね。
3Dによる戦闘シーンはワイヤフレームのフライトシミュレータ時代から知っているわけですが、ここまで進歩するとは・・・
スターブレードやギャラクシアン3で感動していた頃を思うと、本当にびっくりです。

グリーバス将軍も完全なCGのはずなので、グリーバス将軍との戦闘シーンはオビ=ワン一人で作られていたんですね。
それもすごすぎw

スターウォーズの世界は完全な異世界、しかも高度な科学力を持った世界です。
当然、地球の風景は使いまわしできません。
(自然の豊かな星は使っているかもしれませんが)

つまり、背景も全てCGなんですよね。
当たり前ですけど。
当たり前の事に今気がつきましたw
知ってはいるけど、気がつかせないこだわりの演出は見事だと思います。

やっぱり、映画って何回か見ないと本当の魅力が見えてこないものですね。
でも、これだけ新作が次々とリリースされてくると新作すら追いきれなくなります。
何気に偶然2回目を見たらものすごく面白いっていう映画もいっぱいあるのでしょうね。
そういうのを逃しているのかと思うと、悔しいですけど、新作も見ないといけないしなぁw

そんなわけで、エピソード3は私の中で並みの映画からいい映画に格上げされたのでしたw


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
B0000AIRN3ヘイデン・クリステンセン ジョージ・ルーカス ユアン・マクレガー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-11-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starメイキングDVDも面白い
star新シリーズ最高作
starなかなかの傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_04.gif

2005年12月13日

宇宙戦争

ちょっと前ですが、宇宙戦争を観ました。
H.G.ウェルズの宇宙戦争を映像化したのかと思いましたが、違うようで、H.G.ウェルズの宇宙戦争を原作として、1953年に公開された宇宙戦争をリメイクしたものらしいですね(ややこしいw)

内容は、圧倒的な科学力を持った異星人が突如人類を攻めてくるという、最悪のファーストコンタクトを描いた作品です。

スピルバーグ監督やトム・クルーズを目当てで行った人はびっくりでしょうね。
よくレビューに逃げ回るだけでつまらない!とか書いている人がいますが、宇宙戦争とはそんなものなのですw

日本人にはあまり縁が無いかもしれませんが、H.G.ウェルズはジュール・ベルヌと双璧をなすSF作家です。
SF作家というより、SFを文学に押し上げた人と言っても言い過ぎではないと思います。

たぶん、欧米人にとっては宇宙戦争というタイトルはメジャーで、かなりの人が内容を知って観に行ったんじゃないですかね?
だから、多分逃げ回るだけの話、人類の生存という終わり方は知っていることが前提で作られていると思うのです。
日本のマスコミがスターウォーズEP3とあわせて、2大超巨編映画が登場!って感じで宣伝しちゃったから、多くの日本人は内容を知らずに観てしまったのだと思います。
その結果、なんじゃこりゃ!ですねw

まあ、100年以上前に作られた話でなので、終わり方には相当無理がありますが、あの終わり方はウェルズの思想に基づいているようなので変えられなかったんでしょうね。

私は宇宙戦争を読んでいたので、結構ハァハァしながら見てました。
3本足の巨大ロボットが怪光線を撃っているところなどいい感じでしたw

ただ、あの宇宙人はいただけない。
宇宙人といえば火星人、火星人と言えばタコ型なのです。
そのイメージを作ったのがウェルズですね。
タコ型宇宙人が動いているところを見たかった・・・w

あと、気になったのが、日本を意識して作っているような?w
テレビニュースの画面がテレ朝だったり、大阪でロボットをやっつけた、とか言ってたり。
これは何なんでしょうね?w

感想は・・・微妙なところですね。
50年以上前のSF世界を楽しめるのなら、そこそこ楽しめると思います。
ただ、アメリカ流の家族愛が押し込まれているので、そこは注意?w
普通の人にとっては、なんじゃこりゃ!でしょうねw

何気に、20世紀初頭の人間が宇宙人に対してどのように思っていたかという、貴重な一次資料だったりもします。
そういう観点から見てみると・・・やっぱだめかなぁw

やっぱりあまりお勧めできないようですw

ちなみに、1950年代だか60年代だかにラジオで宇宙戦争を実況風に作ったものを流したら、聴いていた人が本当に火星人が攻めてきたと信じ込んでしまい、アメリカ東部が大パニックになったという伝説ももっていたります。
その反省から、「この作品はフィクションです」というナレーションが入るようになったとかならなかったとか。

ただ、2005年度版の宇宙戦争を観て、ウェルズの宇宙戦争まで嫌いになっちゃったりしないでくださいね。
ウェルズの小説は火星人に追われる恐怖がまざまざと感じられる傑作です。
興味のある方は、原作の方も読んでみてはいかがでしょうか。
まあ、分類的にはすでに古典に分類されるので、科学的考証とかはヤボですよw


宇宙戦争
B000BC8IYWトム・クルーズ H.G.ウェルズ スティーブン・スピルバーグ

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-11-09
売り上げランキング : 5

おすすめ平均 star
star思わず手で耳を塞ぎたくなる音
star人間の狂気と愚かさを描いた映画である
starもっと戦争して!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_04.gif


2005年12月02日

スターウォーズを見ようとして・・・【スターウォーズ EP3 シスの復讐】

今日は三國無双が早く終わったので、映画でも見ようと思っていました。

今日のターゲットはこれ。


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
B0000AIRN3ヘイデン・クリステンセン ジョージ・ルーカス ユアン・マクレガー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-11-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starnext:ep4へ・・・
star3部作の締め
starジョージ・ルーカスの心の穴

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スターウォーズ EP3 シスの復讐です。
一回見ているんですけど、字幕版だったので、字幕が苦手な私にはちょっと消化不良の感があったのです。

だが、しかーし。
今日は金曜日。
ノートン先生が活躍する日です。

先日、旧PCの残りかすをDVDに焼いたので、役10万ファイル削減できましたが、まだ終わりませんw
いい加減眠いです。

スターウォーズはまた今度かなぁ・・・


banner_04.gif

2005年07月09日

エピソード3(ネタばれちょっとあり)【スターウォーズ エピソードV シスの復讐】

我慢できませんでした(/ω\)
エピソード3観に行っちゃいましたw

まあ、結果は分かっているので、内容はフーンという感じでしたが、さすがスターウォーズ、魅せるところは満載です。

冒頭の戦闘シーンにもうクラクラw
3D戦闘ものはギャラクシアン3やスターフォックスで慣れているつもりでしたが、もう規模が全然ちがう!
画面いっぱいに大艦隊が展開し、艦載機が飛び回るなんて、たまりません。むちゃくちゃ綺麗だし。

後はジェダイの戦闘のオンパレードでしたね。
今回はオビ=ワンが大活躍でした。
しかし、大勢は変わらず、エピソード4にあるとおり、ダークサイドの世の中仁なってしまいます。

エピソード4に向けた伏線?も満載です。
エピソード4はさすがに内容を覚えているので、今回は見直しませんでしたけど、これがこうつながって、こうなるんだというところが多くありましたね。
もっとも、まだ不明な事が多々ありますけどw

気になるのは、アナキンがダース・ヴェイダーになったあと、なぜあれだけ活動したということです。
アナキンはある目的のためにシスの暗黒卿になるのですが、それは達成できませんでした。
その段階で強烈な絶望感に覆われると思うのですが、何が彼を支えたのでしょう。
謎は謎のままでした。

エピソード6でダース・ヴェイダーがあっさり改心するのは、やはり家族の情が根本にあったからなのでしょうけどね。

相変わらず、突然グリーバス将軍なる敵キャラが出てきたり(エピソード2のドゥークー伯爵も突然でしたよねw)無理やり3本の映画にまとめたのが見え見えですw
事前に設定を頭に入れておかないと何がなにやら分からなくなりますよねw
エピソード2からもいっぱい伏線が張られていましたし。
前日に見ておいてよかったですw

グリーバス将軍に関しては、ちゃんと外伝が作られていて、そこで登場しています。
ドゥークー伯爵も私が知らないだけでどこかで出てきてるのかな?
アメリカに行けばスターウォーズの外伝は山のようにありますしね。
日本で読めるのはまだわずかですが。

最後にちょっとネタばれ的ですが・・・アナキンにマスクをかぶせるのは無理がありません?w
あれだけクローン技術が発達しているのだから、簡単に治りそうですけどw
posted by Cion at 16:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

エピソード2【スターウォーズ エピソード2】

先々週に引き続き、スターウォーズエピソード2が放送されましたね。
DVDでも持っているのですが、めんどくさくて観てなかったので、いい機会でした。
画面が4:3のテレビサイズだったのが残念ですが、まあいいかなとw

公開当時、映画館で見たのですが、台詞の言い回しが難解すぎて、よく理解できませんでした。
他の観た人に聞いても、一様にヨーダつええ!という返事しか返ってこなかったので、みんなそうなのでしょうw
当時の私も世界観がいいということと、ジェダイの戦闘シーンがかっこいいというイメージしか残りませんでした。

で、今回は設定をネットで調べて観てみました。
すると、台詞の一つ一つに深い意味が込められているではありませんか。
アナキンがダークサイドに堕ちていくという雰囲気はありましたが、その伏線がバリバリと張られているのです。

また、パドメとの愛や母の死にさいして復讐するなどもジェダイのシステムを知らないとよく分からないと思います。
両方ともジェダイにとってはものすごい禁忌なのです。

それに、ドゥークー伯爵がダース・シディアスの正体をばっちり明かしていましたね。
どうりでいたるところでダース・シディアスの正体をばらしていると思いました。
あれはネタばれではなく、すでに分かっていた事実だったのですねw

結局、映画として面白いかといえば、微妙なのですが、エピソード3に向かって盛り上がっていく雰囲気は好きですね。
そういうのも含めて楽しめるスターウォーズってやっぱりすごいと思います。

さて、こうやって観てしまうとエピソード3観たくなりますね。
誘惑に負けて、明日あたり早速観に行っちゃうかも?w
posted by Cion at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

まだあったミフネ

先日、三船敏郎がスターウォーズの出演をけったという話を紹介しましが、まだ続きがありますw

スターウォーズの大ヒットを知った三船は非常に後悔したらしく、次にハリウッドからオファーがあったときは受けました。
オファーしたのはスピルバーグです。
またしても大物の登場ですねw
当時のスピルバーグはジョーズや未知との遭遇でそれなりに名前が知れていたと思われます。
しかも、役柄は日本潜水艦の艦長。
三船も安心して受けたのでしょう。

ところが、この映画(1941というタイトルです)はかなりの迷作だったらしく、スピルバーグを語る上でも無視されてしまうという悲惨な状態ですw

これに懲りた三船は、またまたハリウッドからオファーがあったのですが、これをけります。

ところが、オファーされたのは、ベストキッドのミヤギ役だったのですw
ベストキッドもスターウォーズほどではないにせよ、大ヒットし、続編が何本か作られました。

ベストキッドに関して言えば、かなり考証の甘い作品だったので、それを嫌ったという見方もできますけど。
三船敏郎は、日本人を茶化すような作品には絶対に出ないという態度をとっていました。

ともかく、日本が誇る三船敏郎もハリウッドとは相性が悪かったようですねw
(もちろん成功した海外映画もたくさんありますが)
posted by Cion at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

ダース・ヴェイダー秘話

世界のクロサワと並び称される世界のミフネこと三船敏郎ですが、スターウォーズのダース・ヴェイダー役をオファーされていたそうですね。

ことの始まりは初代のスター・ウォーズ(エピソード4)でオビ=ワン・ケノービ役でオファーされたことです。
しかし、当時SF映画はB級映画の評価でしかなく、そんなわけの分からない役で出られるかと断ったそうです。

オビ=ワンはエピソード4での主役に匹敵する重要な役割です。
とてももったいないですね。
もしかしたら三船敏郎演じるジェダイ(ルーカスは黒沢明に非常に影響を受けており、ジェダイも時代劇のジダイという言葉から取ったそうです)、オビ=ワンを見れたかもしれないと思うと、残念ですね!

そういういきさつがあった後、エピソード6ではダース・ヴェイダー役としてオファーがあったそうです。
このときはすでにスターウォーズは確たる人気を博しており、製作側もまさか断られることはないだろうと、三船顔のダース・ヴェイダーのフィギアの生産に入っていたそうですw
ここではなぜ断ったのかよく分かりませんが、後に後悔したようだ、とのことですね。

まあ、新シリーズの作成に当たって、旧作においてもダース・ヴェイダーの顔が差し替えられたので、もしかしたら三船敏郎出演していても削除されていたかもしれません。
逆に、アナキン・スカイウォーカー役が東洋人になっていたかもしれませんけどねw

でも、三船敏郎は本当にもったいないことをしましたね。
世界のミフネと言っても、すでに古典作品の部類に入ってしまった感は否めません。
私も三船敏郎の作品は見たことがないです。
でも、日本人ですら、三船作品を見たことがなくても、スターウォーズなら見たことがあるという人のほうが多いと思います。
世界規模ならいわんや、です。

全く新しい世代、違うジャンルでの名声を得ることができなかったのは、日本人としても残念ですね。
もしかしたら、世界のスターとして100年ぐらいは残ったかもしれませんのにね。

参考資料
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA
製作面の情報が豊富です。

http://www.starwars.jp/index.html
設定についての情報が豊富です。

エピソード3に備えて予習するのがいいかも?w
特にエピソード2は1回見たぐらいではよく分からないので、入念に説明を読んでから見直したほうがいいかもしれません。
ただし、両方ともネタばれが含まれるので注意です!
posted by Cion at 22:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

スターウォーズ祭り

スターウォーズ祭り始まりましたね。
今週エピソード1で、再来週エピソード2放送です。

うっかり野球で盛り上がっていたので、序盤は見損ないましたが、大体覚えているの大丈夫でしょうw

アナキンが住んでる町はベスディンなのかな?
スターウォーズギャラクシーズで最初に降り立った町がここなので感慨深いです。

で、その後に行った星がナブー。
エピソード1に関連ありまくりの行動ですねw

それにしても、今見てみると結構戦闘シーンが手抜きだったりしますねw
ライトセイバーで切る瞬間が表示されていなかったりw
それとも画面が4:3表示になっているので、切れているのかも?

やっぱり映画サイズで見たいですね。
今度DVDを借りてきて予習することにしましょうヽ(´ー`)ノ
ってか、映画館に見にいけるのか?w
posted by Cion at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。