2005年11月11日

姫ちゃんのリボン

東京行きを前にして、元気になっているのではなく、軽い躁状態に落ちいっているっぽいCionです。こんばんはw

今日は、はっきり行って何も手につきませんでした。
自分で禁止事項にしているネットサーフィン&2ちゃんねるを見てしまうし・・・

やっぱり脳内物質のバランスが崩れていることには変わりないようです。

さて、ネットサーフィンの途中で、20世紀アニメ全リストというものを見ていました。
懐かしいタイトルが並んでいる中、目に止まるものが。

それが姫ちゃんのリボンです。
中学生の淡い恋愛物語に、魔法のリボンというアクセントを加えた、王道の少女漫画になるのでしょうかね?

ちょうど東京に出てきた年に放送していて、たまたま見て面白そうだったので原作を買いに行きました。
少女マンガを買ったのはそれが最初で最後だったので、普段行かない書店に行って買ったりしていましたw

さて、以下ネタばれがあります。

内容は、中学生の主人公野々原姫子と小林大地の年相応の不器用な恋愛ストーリーです。
でも、ちょっとだけファンタジーの世界が含まれています。
この世界と別の世界に魔法の国というものがあって、そこの国の王位継承者は、人間界にいる自分そっくりの人間を一年間観察し、記録するという儀式がありました。
魔法の国の王女、エリカにそっくりな人間が野々原姫子だったのです。

観察される見返りとして、1時間だけ誰にでも変身できるという魔法のリボンが姫子に手渡されます。
しかし、その存在が人間にばれるのは許されることではありません。
といっても、大地にはばっちりばれるのですがw

日常的なトラブルをリボンを使って解決していくいわゆる魔女っ子の流れも汲んでいきますが、明確な敵というものは存在しないので、ちょっと違いますね。

でも、内容は結構えぐかったりして、憧れの先輩が姉とくっついてしまったり、主人公の姫子が劇中で死んでしまったりと衝撃的な展開を見せます。
魔法のリボンは誰にでも変身できるけど、1時間(30分だったかも)以内に元に戻らないと、一生変身したままになるのです。
そして、ついにその事態が起こってしまいます。

その間、エリカも責任を感じ、姫子の代役を勤めます。
エリカはロングヘアーだったのですが、姫子に化けるため(姫子はショートヘア)にばっさりと切ってしまうという思い切った行動をとったりします。
それでもエリカが演じる姫子がコミカルに描かれて楽しいんですけどねw

しかし、リボンの威力は絶対で、魔法の国の力をもってしても変身を解くことができません。
このあたりから姫子と大地が急接近するわけですが、ある事件が発生します。

エリカがトラックにはねられそうになるのです。
とっさに姫子がエリカを跳ね飛ばすものの、姫子はトラックに直撃。
すると、変身が解けてしまいます。
つまり一生解けないはずの変身が、姫子が死んで一生を終えてしまったことにより解けたのです。
これはえぐいw

でも、魔法の国の人にとって、リボンの力は絶対でも、死人を生き返らせるのは朝飯前のようで、姫子はあっさり復活しますw

そのままどたばたと話は進んでいきます。
後半の話はきれいさっぱり忘れてしまいましたが、確かハッピーエンドだったような気がします。

はっきり言って、姫ちゃんのリボンはありふれた恋愛物語です。
でも、なぜこんなに印象に残ったのか。
それは、姫子のとてつもなく前向きな性格によって、キャラが非常にたっていたからだと思います。
変身が解けなくなったときもほとんど気にしていないようでしたしw
自分が死んでしまったことも軽く流しますww

ちょうど、このころは浪人時代で、精神的にきつかったので、姫子の元気さにこっちも元気をもらえたのかもしれませんね。
なので、印象に残っているのです。

その姫ちゃんのリボン。
レビューサイトでもかなりの高評価を得ているにもかかわらず、ずっとDVD化されませでした。
というのも、オープニング、エンディングともにSMAPが歌っているので、その版権が問題になっていたようです。
どうもSMAPにとってアニメの主題歌を歌ったということは無かったことにしたかったようですw
でも、オープニング曲は結構いい出来だと思うんですけどね。

まあ、そんなごたごたがあったにもかかわらず、今年ようやくDVD-BOXがリリースされました。
12月に完結だったかな?
機会があったらぜひ見てみたいですね。
アニメ版はかなり歯抜けでしか見ていないのでw


posted by Cion at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元SMAPの森くんも黒歴史的扱いな感じになってます・・よね?
Posted by Blindmace at 2005年11月30日 13:14
森くんって、SMAPを脱退してオートレーサーになった人ですよね。ある意味男ですね。90年代前半のSMAPは一部コアなジャニーズファンと、姫ちゃんのリボンのおかげで一部のアニメファンに認知されている程度の存在だったそうです。なので、なりふりかまわず仕事を取っていたんでしょうね。そのころブレイクしていた光GENJIが跡形も無く消滅してしまったのに、SMAPはすでに押しも押されぬスーパーアイドル?になりました。というか、アイドルの枠を超えた、超多様な一流芸人集団に成長しましたね。10年ってそんな時間なんですね・・・
Posted by cion at 2005年11月30日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。