2007年09月04日

メモリ増強、そして初期不良

久しぶりにPCの増強を行いました。
現在、メインでゲームをするゲーム用PCは2005年初頭のPCで、PCIExpressさえ使用できず、最新のゲームに向いているとは言いがたくなってきました。

そこで、よりハイスペックなゲーム用マシン2号でゲームをするようになっています。
よりハイスペックなゲームマシンでゲームをしてこなかったのは、このマシンがTVの録画とエンコードでフル稼働していたからです。

が、最近のゲームをやってみると結構頻繁に落ちます。
そもそもこのマシンはOSとWMEで500M近いメモリを消費しているくせに搭載メモリが1Gと少なめだったのです。

そこで、大分価格の落ち着いた1Gを2枚購入しました。
今まで刺さっていたメモリがDDR2のなんだか覚えていなかったのですが、とりあえずDDR2-667もDDR2-800も私の感覚だと違いはわからないだろうし、そもそもDDR2のメモリが使えるマシンはこのゲームマシン2号機だけです。

そこで、メモリのリプレースではなく、3Gへ増強という形にしました。
早速バルクの1Gメモリを2枚購入。
ところが、片方のメモリが動きません。

スロットを変えたり、組み合わせをかえたりしてみてもBIOSの設定画面に入ることができません。
念のためBIOSを最新版に上げてみてもだめ。

同じ形のメモリを購入していて、片方が動いているのだから、相性問題よりも初期不良の可能性が強いとみて、購入したPCショップにもって行きました。

案の定、起動しません。
初期不良なので、交換しますね、ということになり、新しいメモリを念のためチェック。
やっぱり起動しません。

なんと、そのPCはDDR2-800に対応していないという店員のチョンボでした(笑
DDR2-800の動くPCに新しいメモリを挿して起動を確認し、家に帰ってつけてみたところ問題なく動作しました。

しかし、初期不良の疑いのあったメモリはDDR2-800が動作しないPCでしか検証していません。
もしかして、DDR2-800対応のマシンでチェックしたら動いたかもしれなかったのですが、黙っておきました(笑


posted by Cion at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。