2006年02月14日

舞-HiME

アニメ版の舞-HiMEを見終わり、マンガ版にかかりました。
全5巻なので、お手軽です。
舞-HiMEは企画段階からメディアミックスを前提としていましたが、ごくわずかな設定以外はそれぞれの作者に任せるというちょっと変わったスタイルを取っています。

そのため、アニメ版とは全く別展開を見せます。
舞衣となつきが最初からHiMEを自覚していて、敵対関係にあったり、アニメ版ではHiMEではない生徒会の遥がHiMEだったりと、登場人物の名前以外は設定を完全に変えています。

最後の敵は黒曜の君であるのは一緒なのですが、黒曜の君の正体が違ったりもします。

また、アニメ版ではHiMEのチャイルド(使い魔みたいなもの)が倒されると、HiMEの思い人が消失しますが、マンガ版ではチャイルドを召還するための媒介となる人間(人間以外もいますが)がおり、チャイルドが倒されるとその人間が消失します。

全体の印象としては、少年漫画の王道を行っていますが、エロマンガ?と思うぐらい無意味なお色気シーンが出てきます。
アニメ版の後半が壮絶なHiMEたちの愛憎が描かれていたの比べると、マンガ版はちょっと印象が弱いですね。
ごく普通の熱血物といった感じです。

後はPS2版があります。
こっちはどんな風にアレンジされているんでしょうか。

何気にストーリーが錯綜して混乱するところもあるので、アニメ版をまた見たくなっていたりもします。
それが狙いだったなら、すごく周到なマーケティングですが、多分偶然でしょうw

というわけで、もうちょっと舞-HiMEとのお付き合いが続きそうです。
って、舞-HiMEってプロジェクト化されているので、第二弾の舞-乙HiMEがすでにありました。
こっちは手付かずですorz


舞-HiME 1 (1)
舞-HiME 1 (1)キムラ ノボル 佐藤 健悦

秋田書店 2004-11-11
売り上げランキング : 3,467

おすすめ平均 star
star予想外
starアニメと大分違います
star両方見た方が楽しめます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by Cion at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。