2006年01月30日

敷居の高いP5P800SE

一昨日、新マシンのパーツが一部そろったので、動作チェック(初期不良交換は一週間位しかないパーツもある)のために遊んでいるHDDとゲームマシンからメモリを512MB引っこ抜いてきて、動作チェックしました。

基本的な組み立ては問題なく終了。
BIOSの設定画面も上がってきます。
これで、CPU、マザーボードの初期不良は無いかな?と言うところです。

しかし、試しにOSをインストールしようとするといきなり不具合が。
DVD-ROMとHDDを認識しません。
仕方ないので、マニュアルを見ると英語版( ̄△ ̄;)

いまどきのマザーボードでマニュアルが英語版って珍しいような。
さっそくASUSのサイトに飛んで、日本語マニュアルをダウンロードしようとすると、英語、フランス語、ドイツ語しかないorz

P5P800SEって、売る気無さ満点ですねw
LGA775、デュアルコアCPU対応で、AGPバス搭載のマザーボードと言う異端な存在であり、なおかつ業界がAGPバスを抹殺してPCIExpressに移行しようとしている中でのリリースなので当然かもしれませんが。

そんなわけで、まずは各ドライブの故障を疑ってみました。
HDDなんて電源すら入っていない様子。
でも、別マシンにつけると両方とも問題なく起動。

次はマザーボードのコネクタの初期不良かと思いました。
でも、これは確認しようがありません。

念のため、先日分解したマシンについていたIDEケーブルで接続すると・・・認識しました。
DMA-2と出ているので、33.3Mbytes/sの転送量しかありません。
なんだこりゃ・・・

マニュアルを読み返すと、BIOSをアップデートするようにと書いてあったので、BIOSをアップデート。
いまどきのマザーボードって、フロッピーディスクに新しいBIOSのファイルを入れておいて、PCを起動させるときにある操作をしてやれば自動的にアップデートしてくれるのですね。
DOSコマンドを打たなくていいので楽ちんです。

で、念のためケーブルをマザーボード付属に変えてみると、HDDは認識。
DMA-5になっていたので、100Mbyteの転送量です。
まあ、いいかな?
DVD-ROMは相変わらず認識せず。
ケーブルを古いのに帰るとDMA-4まで行きました。
どうやら、BIOSアップデートは必須のようです。

で、OSのインストールに入るわけですが、とにかく認識が遅い!
セットアップの画面が出るまで5分以上かかります。
なぜだろうと調べてみると、P5P800SEはSerial ATAのHDDで動作させることが前提に設計されているようです。
BIOSもデフォルトではSerial ATA優先で、IDE HDDからブートさせるには設定を変更させないといけないようです。

英語に弱い私はマニュアルを読んでもよく分からず、何となくこれかなとあたりをつけた設定でやってみました。

一応インストールは始まるものの、やっぱり遅いです。
しかも、HDDにデータをコピーした後の再起動でまた最初からセットアップを始めようとします。
要するに、OSが入らない状態です。

試しに、HDDを外すと・・・すんなりセットアップ画面が起動しました。
やっぱりIDE HDDは想定外の設計のようです。

先日注文したSerial ATA HDDが到着するまでOSのインストールはお預けですね。
一応マザーボードとCPUには初期不良はなさそうなので、最低限のチェックは出来ました。

そんなことに一日費やしましたorz
posted by Cion at 09:29| Comment(4) | TrackBack(1) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の持ってるAsus A8N Premiumもマニュアルが英語でした。
P5P800 SEってなんだか異端児な感じですね。
Posted by Blindmace at 2006年01月31日 03:54
はじめまして、書き込みさせていただきます。
私はこのマザーをメイン機にさせています。
今回は大幅にグレードアップさせようとCeleronD346、S-ATAのHDD、メジャーチップのメモリ(しかもPC3200)など私のとって今までにかつてない性能を作ってみました。
当初、BIOS更新に戸惑いましたが、今は安定して稼動しています。
Posted by どりあん at 2006年04月10日 01:01
どりあんさん、コメントありがとうございます^^
私も記事にあるとおり、P5P800SEのクセの強さにはずいぶん苦しめられましたが、ネットワークさえ開通してしまえば後の設定は問題ありませんでした。
なぜかOSインストール後IDEのDVD-RWドライブを認識しなくなってしまいましたが、USB接続にすることによって回避しています。
とりあえず、Vista発売と同時にデュアルコアのPentium Dに移行しようと思っています。
Celeron Dだとエンコードなどをすると他の作業ができなくなってしまいますから。
それ以外は安定していて、さすがASUS製のIntel純正チップ搭載マザーボードという感じですね。
Posted by Cion at 2006年04月10日 12:55
はじめまして
サブ機のK8N+Athlon64 3400+に換わって新しいサブ機を組もうとP5O800SEを検索してたら来ちゃいました(笑)
とても参考になりました

Posted by 淳 at 2006年05月24日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12498038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

BIOSとその周辺
Excerpt: BIOSの省電力設定をいじっていたら、パソコンが再起動を繰り返すようになってしまい、かなりあたふたしました。そもそも省電
Weblog: パソコン
Tracked: 2006-06-21 16:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。