2007年03月16日

Seesaaはもうだめ?

最近、Seesaaにおいてあるブログのヒット数が激減しています。
アクセスログを見たところ、どうもYahooに嫌われているようです。

Seesaaでは昨年の末に大規模な仕様変更を行い、アマゾンと提携してアフィリエイトができるようになりました。
まさにその日からアクセス数が半分〜三分の一に減っています。

内容を解析すると、Googleからのヒット数はほとんど変わっていませんでした。
しかし、Yahooからのヒット数がGoogleの半分以下に減ってしまっていました。

日本における検索サイトの使用率はYahooが2に対してGoogleが1とYahooが優勢です。
仕様変更以前はまさにその通りのヒット数を計上していたのですが、現在は上記の通りYahooからのヒット数が激減し、回復の兆候がありません。

原因として単純に私が更新をサボり、サーチエンジンがチェックしてくれなくなったということも考えられます。
しかし、それではYahooとGoogleの検索数の説明がつきません。
やはり、Seesaaの仕様変更によりSeesaaがYahooに嫌われてしまったのかなぁというのが私の感想です。

現在、レビュー型のアフィリエイトを展開していますが、はっきり言って行き詰っています(笑
私はアフィリエイトをやっている人の95%の側の人です。
アフィリエイトをやっている人なら、この数字にピンと来るでしょう(笑

そんなわけで、メインコンテンツのSeesaaからの撤退を本格的に検討しています。
その前に、MovableTypeの勉強をしないといけないので、なかなかすんなりとはいかないでしょうけど。

体調のいい時に少しずつ、作業を進めていこうと思っています。


posted by Cion at 11:21| Comment(1) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ

機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ
機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ
バンダイ 2004-10-07
売り上げランキング : 2536

おすすめ平均 star
star結局はシューティング
starキャラが好きな人は…
starSEEDファンにはいいと思う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



かなり古いソフト、機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へをプレイしています。

発売が2004年で、DESTINY前なので純粋に初代SEEDに登場するモビルスーツとキャラクターのみで構成されたゲームです。
見た目は連邦対ジオンシリーズと似ていますが、操作系がかなり異なるので、最初はかなり戸惑いました。

操作系がおぼつかないので、最初は敗退を繰り返す&1つのシナリオが長く感じるので、結構できとしてはいまいち感が漂いました。
シナリオが長く感じるのは、まず1つのシナリオにムービーが1〜2回挿入され、テンポが乱されることと、ターゲットになる敵が異常に固いというせいでしょうか。

また、敗退条件が厳しいステージも多く、襲ってくる敵と交戦していたらいつの間にかアークエンジェルが沈んでゲームオーバーというのはざらにあります。
その辺のゲームバランスもいまいち間をより濃いものにしています。

さて、悪い内容ばかり書きましたが、このソフトの特徴として、実際にMSに搭乗するパイロットとそれをサポートするパートナーがいるというところです。
このパートナーはキャラによってサポートしてくれる内容が異なり、ラミアスであれば回復や敵の足止め、ラクスは回復に特化などしています。

しかも、パイロットには成長要素が無いのに、パートナーには成長要素があり、やりこめばやりこむほどパートナーが強くなり、ゲームが楽になるはずです。
しかし、ここでもバランスを取るのに失敗し、おそらくメインコンテンツのキラとアスランのストーリーモードをクリアしたところで大して育ちません。

もちろん、敗退した場合取得できる経験値が10分の1〜20分の1程度まで激減し、負けを繰り返すことによって、強くなって難関ステージをクリアするということも出来ません。
結局このパートナーの成長システムも何のためにあるのかいまいちわからないままストーリーモードは終わってしまいます。

せめてもの救いはクリア済みのステージを再プレイすることが出来、そこで成長させられるというぐらいでしょうか。
結局メインコンテンツがこんなかんじなので、どうしてもグダグダ感が漂ってしまいます。

ただ、もうひとつの特徴として、ステージをクリアするごとにポイントがもらえ、それで使用できるパートナーやMSを購入することが出来ます。
まあ、ストーリーを一周したところでパートナーがそれほど強くなるわけではないので、あくまでコレクター心をくすぐる程度でしかありませんが・・・

あとは・・・SEED MSVの独自シナリオがついていますが、SEED MSVのことはそもそも知らないので、なんとも・・・
一応、ポイントで購入できる特典に用語集があるのでそれを読むとなんとなくわかりますが、用語集を購入するぐらいならパートナーを増やしてしまうのでやっぱり今ひとつです。

ただ、用語集に関してはあまり触れられない設定にも言及してある(例えばムウがエンデュミオンの鷹と呼ばれるようになったいきさつなど)好きな人には価値があるかもしれません。

そんなわけで、キラ編をクリアし、現在アスラン編です。
個別シナリオはムウのエンデュミオンの戦いしかプレイしていません。
なんだか、アスラン編がおわったらそのまま終了してしまいそうな勢いです。
やりこみ要素があるのに、やりこみ要素をやる前にクリアしてしまうのでやりこむ意味がいまいち見出せないが残念ではありますが・・・
posted by Cion at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MovableTypeバージョンアップ

FF11専用に設置してあるブログ、「CionのFF11ソロでまったりプレイ日記」(タイトル大嘘)ではMovableTypeを使用しています。

しかし、一昨年に導入した時のままバージョンアップを放置していました。
だって、面倒だし・・・(笑

しかし、セキュリティ上問題もあるので、最新の3.34にバージョンアップしました。
導入の手順などはきれいさっぱり忘れてしまっていたので、マニュアルを読み返しながらのバージョンアップです。

でも、結局30分ちょいで終わってしまいました。
まあ、デフォルトのMovableTypeなので、そんなに手間がかかっているようだと私の腕がなまりきっていることを証明してしまうのですが(笑

最近ぼちぼち体調もいいので、MovableTypeのカスタマイズでもしてみようかとたくらんでいます。
いつになるかわかりませんけどね。
posted by Cion at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

決戦3終了

長らくはまっていた決戦3を終了させました。
結局上級(3周目)の10章の途中まで進みました。

なぜこれだけやりこんだかというと、単純に面白かったということと、装備、イベント等を収集するという私のコレクター心を見事にくすぐる設計だったからです。

しかも、コレクションは項目ごとにコンプリートすると新規開始時に特典がつきます。
そんなわけでやりこんでしまったのです。

やはり一番苦労したのは装備の収集で、単純に店売りの物を見落としていたりしたのが結構ありました。
2周目の途中から結構気をつけてチェックしていたのですが、やはり取りこぼしがあり、3周目突入となったわけです。

さらに3周目にならないと出現しない武将もいて、その武将の初期装備がないとコンプリートできません。
また、合戦で高得点(400点満点で300点以上取ると極の評価がもらえ、これが最高)を出さないともらえないアイテムがあり、さらにそのアイテムが取得できるステージの難易度が高かったりして、1周目、2周目ともの失敗していたものもありました。

それが取れて晴れて装備コンプリート。
初めからスタートした場合、金銭にボーナスが出るそうです。
やってみました。
実際に金銭を確認できるまで合戦を2つ(3つかも)クリアしないといけないので、ちょっとしんどかったですが。

そしてその結果は・・・心持増えた?程度でした。
ここでモチベーションダウン。

さらに、イベントのコレクションでは、難易度やさしいでしか取得できないイベントがあり、そのイベントはなんとプレイ後半の9章まで行かないと行けません。
ファーストプレイでは事前にセーブ&ロードし無い限り全てを見ることが出来ないし、それに気がつかなかったので見逃してしまっています。

しかも、9章まで進めたとしても得られる特典は新規開始時に何かのボーナスなので、おそらく新規でやることはもうないと思われる現状でメリットを感じません。
ここでモチベーション崩壊、終了となりました。

ただ、モチベーションが無くなったからといって内容の悪いゲームではありません。
なんと言っても2周半もさせる魅力があるのです。
ゲームのシステム的によく出来ていますし、慣れてくると爽快に進めることが出来ます。
また、単騎駆などで特定の武将を鍛え上げることも出来ます。

ただ、史実の戦国時代が好きな人にはとんでもないストーリーです。
でも、あくまで戦国時代をベースにした話と割り切ってしまえば、フィクションの物語として楽しめます。
その辺で評価が分かれるかもしれません。

いずれにせよ、古いソフトではありますが、非常に楽しめる一本でした。


決戦III
posted by Cion at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。