2007年02月24日

単騎駆【決戦3】

決戦3は、部隊対部隊で戦う戦術型SLGですが、武将同士の直接対決も可能です。
それは単騎駆というコマンドを使うことによって可能になります。

厳密には一騎打ちではなく、最初は雑魚敵との戦いになり、雑魚敵を100人倒したところで敵武将が登場します。
ここで敵武将を撃破すれば勝利となり、勝った場合には勝った武将の調子が上がり、撃破した敵武将の調子が下がります。

決戦3において調子は結構重要で、その部隊の戦闘力そのものに影響します。
具体的にパラメータが変動するわけではないようですが、何らかの修正を受けているようです。

また、副産物として雑魚敵が兵数回復や、金、経験値といったアイテムを落とすことがあるので、単騎駆によってピンチの武将を若干回復させたり、経験をつませることが出来ます。

また、最大の特徴は自分より能力値の高い武将を撃破した場合、勝った自武将の能力値が上がります。
これは能力値の差が大きいほど上がりやすくなり、20ぐらい差がつくと1回の単騎駆で5ほどの能力が上がったりします。
能力値で20も差がある武将を撃破するのは容易ではないのでこれは現実的ではありませんが。

しかし、吉野などの僧侶系はレベルアップしても武力が2しか上がりません。
ところが、自分よりわずか1でも武力の高い武将を撃破すれば武力が上がります。
単騎駆2回で1レベル分の武力をペナルティなしで上げることが出来ます。

これはかなり魅力的なのでやりこみたいのですが、単騎駆には致命的な弱点があります。
それは非常に時間がかかることです。

通常、1つの戦闘は5〜15分程度で終わりますが、単騎駆をすると単騎駆だけで2〜3分はかかります。
それを数度繰り返すとトータルの戦闘に要する時間が数倍に膨れ上がることもあります。

敵の弱い初級ではつかうことはほとんどないと思いますが、上級(といってもデータを引き継げるため、特に強いとは感じない)でやるとかなり楽になるようです。

また、調子を常に絶好調に保てるということは大きなメリットになります。
基本的に出陣すると武将の調子は下がります。
しかし、単騎駆をすることによって最高の絶好調に戻すことができるのです。

つまり、単騎駆をしない場合、出陣する武将を調子で判断しなくてはいけませんが、単騎駆を行うことによりレギュラーを作ることができます。
必然的にレギュラーのレベルは高くなり、兵種特性や特技も成長しやすくなります。

このあたりを考えると、単騎駆を行っていくと終盤にはかなり差がつくわけで、ひとつのプレイスタイルとして面白いと思います。


決戦III


posted by Cion at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

キングダムハーツ2クリア

キングダムハーツ2をクリアしました。
最強武器であるアルテマウェポンを手に入れ、Lv80に届こうかというソラには楽勝でした。

もともとキングダムハーツ2のボス戦はパラメーターよりも戦術に重点が置かれ、作者側の意図した通りに戦わないとなかなか勝てません。

ラスボスでもそれは同様です。
しかし、パラメーターによる底上げがあるので、一回に与えるダメージが格段に多くなり、展開がスピーディーになりました。

それでもLv50ぐらいの時に撃破した時間より5分も短くなったかな?という程度です。
ラスボス戦はイベントを含めて30分ぐらい戦っているような気がしますので・・・

このゲームは基本的に一本道(若干の選択肢はあるけれども)普通にプレイしていればまず問題なくクリアできるでしょう。
ジニーメモのおかげで次に何をすればいいのか一目瞭然ですし。

このゲームは完全に普段はあまりゲームをしないライトユーザー向けに作られています。
ディズニーとのコラボレートもディズニーファンを取り込みたいという意図からでしょう。
したがって、ヘビーユーザーからの視点だとゲームとしては凡作です。

内容もディズニーのアニメが元になっているのでことごとくハッピーエンドで終わります。
そういう意味では、ハードな展開を見せるRPGが多い中、普通の人が安心してプレイできる一本でしょう。

一応、ヘビーユーザー向けに合成などの要素を加味してありますが、上記の通りゲームの難易度がそれほどパラメーターに依存していないので、合成して圧倒的に強いキャラを育てる快感、というところまでは行きません。

まあ、1年以上前のゲームなので評価もで尽くしているでしょうが、新要素を加味したファイナルミックスが出るようなので、ヘビーユーザーにとっては注意すべき?ソフトかもしれません。


キングダムハーツII
posted by Cion at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

アルテマウェポン【キングダムハーツ2】

キングダムハーツ2ではソラの最強の武器はアルテマウェポンです。
アルテマウェポンはモーグリの合成で、アルテマウェポンのレシピを渡すことにより合成可能になります。

必要素材はオリハルコンが13個以外特に入手困難なものはありません。
しかし、オリハルコンがどうしても5個しか集まりませんでした。

しかもオリハルコンは合成で手に入れることが出来る、という誤った情報を元に、合成および素材集めに励んだのですが、オリハルコンのレシピは手に入らず、オリジナル合成でも出来ませんでした。
モーグリのレベルも最高まで上がりましたが、合成できるようになりません。

ここで首をひねり、再度アルテマウェポンの合成を調べるとオリハルコンは全部で7つしか存在せず、合成の際にみなぎる結晶を使って必要素材数を半分にする必要があるとわかりました。

オリハルコンの入手場所は下記の通り
・スペースパラノイドの宝箱
・存在しなかった世界の宝箱
・サンセット住宅街の宝箱
・100エーカーの森クリア
・素材を全種類集める
・オリンポスコロシアム「運命の女神カップ」クリア
・アトランティカクリア

このうち、最初の3つはストーリーを進めるうちに入手できます。
素材も、プレイしていればそのうち集まります。
問題は残りの3つで、この3つはサブストーリーに当たり、必ずしもクリアしなくてもいいところだったのです。

私の100エーカーの森はクリアしていたのですが、残り二つが未クリア、しかもアトランティカに至っては行ってすらいませんでした。
早速残りの2つを回収すべくサブストーリーを進め、オリハルコン7つを手に入れ、アルテマウェポンの作成が完了しました。

ここまで苦労した割りにアルテマウェポンの見た目の威力はたいしたことが無い(ストーリーの進行で手に入る最強の武器と攻撃力は一緒、魔法が1強い程度)のですが、アルテマウェポンにはMPヘイスガという能力がついています。

このMPヘイスガはMPを使い切った場合、回復させるスピードを加速させる(正確にはカウントダウンのバーを短くする?)ので、かなり重宝します。

しかし、素材集めに各地を奔走していたソラたちのレベルは80に届こうとしています。
先日ラスボスを撃破したときのレベルは確か50ぐらいだったので、相当回り道をしてしまいました。
ただ、キングダムハーツ2においてはレベルアップしても全てのパラメータがのびるわけではなく、強さのインフレはかなり緩やかです。
それでもラストダンジョンの敵ですら一蹴できてしまうので、最初は長く感じたラストダンジョンもあれ?と思っているうちに突破できてしまいます。

そんなわけで、クリアするだけの状態まで来ました。
Lv50でも倒せたので、格段にレベルと装備が充実した今ならかなり余裕で撃破できるものと思われます。
もちろん、私はアルテマウェポンという目標を見つけてしまったので、アルテマウェポンを手に入れるまでラスボスには再挑戦しませんでした(笑


キングダムハーツII
posted by Cion at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

エンディングでリセット【キングダムハーツ2】

キングダムハーツ2、ラスボスを撃破しました。
書いたかどうか覚えていないのですが、ちょっと前にRPGがやりたい!ということでキングダムハーツ2をプレイしていました。

内容そのものはほぼ一本道で、戦闘も○ボタンを連打していれば何とかなるという、ライトユーザー向けの作りになっています。
テクニカルな戦闘ができないかというとそうでもなく、やろうと思えばテクニカルな戦闘も出来ますが、やりませんでした(笑

そんなキングダムハーツ2ラスボスを撃破し、エンディングに突入というところで、食事に呼ばれてしまいました。
我が家では食事の時間は絶対なので、ポーズをかけようとしたところ、ポーズがかかりません。

通常のイベントであればスタートボタンを押せばとめることが出来、再開するかスキップするかを選択できる作りになっています。
でも、エンディングはスタートボタンを押しても無反応でした・・・

そんなわけでエンディングの途中で泣く泣くリセット。
キングダムハーツ2のラスボスは比較的戦闘時間が長いので再トライする気力も失せてしまいました。

エネルギーが充填されたら再トライしようと思いつつ、なぜか合成にはまりつつあります・・・


キングダムハーツII
posted by Cion at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ナルニア国物語とスチームボーイ

映画を固め見してみました。
といっても二本ですが(笑

一本目はナルニア国物語。
古典ファンタジー原作のゲームで、作品の雰囲気もなつかしのRPG世界そのままでいい感じです。
また装備も十字軍当時のものを意識しているっぽく、鎖帷子の鎧で、その上に紋章の入ったコート(タバード)を着ています。
この辺の考証はなかなかいいかなと思います。
まあ、戦闘シーンはアレですが・・・

でも、ストーリーは今ひとつ。
主人公達の心情の変化が今ひとつ見る側に伝わってきません。
後から考えればわかるのですが、説明不足感は否めません。

あとは、CGが弱いですね。
かなりチャチに見えます。
ビッグタイトルの割には予算が取れなかったのでしょうか。
その辺の裏事情は知りませんが。

というわけで、ナルニア国物語はいまいち。


次にスチームボーイ。
3年も前のアニメになりますが、まだ見ていませんでした(笑
こっちの方が断然面白いです。
比較してはいけないぐらいに(笑

内容は日本では珍しいスチームパンク物です。
19世紀半ば、極めて強力な蒸気機関が発明され、それをめぐる物語です。

主人公レイはまだただの発明好きの少年ですが、父と祖父はアメリカの大企業で開発を担当する発明ファミリーの一人。
しかし、その祖父と父が発明に対する見解の違いで争い、さらには企業、別の発明家が絡んできて自体が大きく進みます。

レイは巻き込まれ型の主人公なわけですが、発明は人々の幸せのためにある、という信念を持っていて、それにしたがって行動します。
それでも少年なのでだまされたりしまくるわけで、どの陣営が何を考えているのか序盤は見えず、次々とどんでん返しが繰り広げられ、スピード感のある作品になっています。

やがて、誰と対立しなくてはいけないかはっきりし、その目的を阻止しようとします。
しかし、そこでもまたどんでん返し。
最終目標と視聴者に思わせたものはこれまたフェイクで、実際はもっと恐ろしい陰謀が渦巻いています。

そんな感じで最後まで結末が読めず、非常に楽しめました。
これはお勧めだと思います。


スチームボーイ 通常版
posted by Cion at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

エイジ・オブ・エンパイアIII

非常に危険なゲームに手を出してしまいました。
その名はエイジ・オブ・エンパイアIIIです。
代表的なリアルタイム戦術SLGであるエイジ・オブ〜シリーズの最新ナンバーズタイトルです。

IもIIもどれぐらいやったかわからないぐらいやりこんでいるので、IIIもやばいだろうなぁと思いつつ手を出してしまいました。

IIIの舞台となるのはアメリカ大陸。
ヨーロッパの大国同士が植民地獲得をめぐって戦います。
その前にネイティブアメリカンを蹂躙したという部分をすっ飛ばしているところが、彼らにとって痛い歴史なので描かれていませんが(笑

IIIの特徴は、あくまで植民地なので、本国から補給を受けることができるという点と、ホームシティという概念が取り入れられ、そのホームシティにひとつの国を選択し、戦い続けることにより経験値が得られ、ホームシティがレベルアップしていくということです。

ホームシティのレベルアップのメリットは、ホームシティのレベルが高ければより高度な補給を受けられるようになるということです。
逆に、始めたばかりだと使用できない施設があったりして苦戦します。

ファーストプレイは久しくこの類のゲームをやっていなかったので難易度「やさしい」を選び、楽勝。
調子に乗って「普通」でプレイするといともあっさり敗退しました。

やはり少しずつ経験を稼ぎ、よりよい施設を建設できるようになってから難易度を上げた方が無難なようです。

そう考えると、今回実装されている国は8国なので、8つのホームシティを育てる必要がある(別に無いけれども(笑)ということになり、かなり歯ごたえのあるゲームになりそうです。

まだ右も左もわからず、焦って進化ばかりさせて軍備がおろそかになったりするので、その辺のバランスから覚えていかないといけませんね。

posted by Cion at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

決戦3中級クリア、上級へ

決戦3、やばいぐらいはまっています。
決戦3では、1周目では真エンディングに到達できず、2周目をクリアしないと真エンディングに到達できません。
しかし、1周目で獲得した兵種特性と武将特技は2周目以降も引き継がれます。
2周目は難易度が中級になり、敵も強くなっていると思われるのですが、自分達も強くなっているのでむしろ1周目より簡単な気がします。
以下、3周目(上級になる)、4周目と引き継がれていきます。

一応、3周目である上級にしか登場しない武将もいたりして、やりこみ要素はありました。
でも、1周目で40時間近いプレイ時間がかかってしまうので、3周目なんかやるもんかとおもっていたところ、見事にはまり、現在3周目の7章まで進みました。

かなり私にあったゲームのようで、やめられないんですよね(笑
単純に武将が強くなっていくのを見るのも楽しいですし。
まあ、でも今週中ぐらいには終わるのかなという気もします。
むしろ終わってくれないと困ります(笑

これだけやりこんでしまうと、その辺の攻略サイトより詳しい知識が身についてしまうわけで、いっそ自分で攻略サイトを作ってしまうか、などと考えましたが、サイトの作り方が今ひとつわからないので、そこまではいたっていません(笑


決戦III
posted by Cion at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ページランク

このブログのページランク(Google)が1まで落ちてしまいました。
一時は3あって、自分でも驚いていたのですが、1月に投稿した記事が二つだけでは当たり前の結果かもしれません。

また、昨年の12月にSeesaaが大規模なアップデートを行ったようですが、それ以降Yahooからの検索が激減し(というか無くなり)、それに比例してヒット数も三分の一以下になってしまっていました。

そんなわけで、自分のサボり&システムの不具合と二重の問題を抱えてしまった結果なのでしょう。
少し反省です。
posted by Cion at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。