2006年11月29日

真エンディング到達【CLANNAD】

CLANNADの真エンディングに到達しました。
光の玉を13個集めた状態でAFTER STORYを始めると真エンディングに到達できます。

AFTER STORYでは1周目に5つ、2周目に1つ(ただし2周目は途中分岐してシナリオ自体は短い)手に入るので、都合3周する必要があります。
ついさっき気がついたのですが、タイトル画面の左下に回収した光の玉が表示されていました。
今の今まで気がつきませんでした(笑

このゲームにはスキップ機能のついており、読んだテキストは飛ばしてプレイすることが出来ます。
1周目のインパクトがかなり強かったしプレイしたのが直近ので、内容はほぼ覚えていたので飛ばしまくりでした。

で、3周目はどんなどんでんが待っているのかと期待していたところ、あまりに早い段階でストーリーの内容が書き換えられ(といっても中盤以降)ちょっと面食らいましたが、いい終わりかただったと思います。

エンディングもわざと1周目とのギャップを感じさせる出来になっておりうまく作りこんであるな、という感じです。
結局、CLANNADはごく平凡な幸せを必死につかみとるという内容で本編もAFTER STORYも構成されます。
その辺が多くの人をひきつけたのでしょうか?
逆に私のように斜から見てしまう人間にはそれほど感動的には思えませんでした。

まあ、でも良作だと思います。
お勧めのゲームです。
ただし、全ヒロインのプレイ&AFTER STORY3周というとてつもないボリュームを押し付けている感もあるので、そんなにプレイできないよ、という人は手を出さない方がいいかもしれません。

で、真エンディングを見たらタイトル画面にあった光の玉が女の子に変わっていました。
多分、幻想世界に出てくる女の子なのでしょうが、これはもう1周やれということのようです(笑
というわけで、もう1周やってきます。


22/ref=nosim/" target="_top">CLANNAD -クラナド-
B000EIUQL6



posted by Cion at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

モニターきれい

CRT、LCD問わずモニタって使っているうちに拭いても取れない汚れってついてきますよね。
そこで、スプレー式のOAクリーナー吹き付けて拭いてみても、OAクリーナーの跡が残ったりして余計に汚くなったりします。
OAクリーナーの説明を見てみると、コピー機のコピー面には使用しないで下さいと書いてありました。
つまり、コピー機の読み取り部分と同じような性質を持ったモニタにも通常のOAクリーナーは適さないようです。

しかも、CRTは静電気防止用コーティングが表面に施されており、うっかり強く拭くとコーティングが剥げてしまい、モニタ自体の寿命を縮めます。
私は21インチモニタをすでに一台殺しているわけで(笑

そんな訳でモニタ専用のクリーナーを探してみたところ、当然あるわけで、今回購入したのはこれです。



値段もたいしたことないし、これできれいになったら儲け物ぐらいの気持ちで購入しました。

まずは、テレビで実験です(笑
埃等は普段から拭いてあるのですが、猫のなめた跡(謎)があったりして、テレビを消した状態だと結構汚れが目立ちました。

OAクリーナーを布に吹き付けて、拭いてみたところ、布があっという間に真っ黒に。
そして、猫のなめた跡もきれいさっぱり消滅しました。
予想以上の効果にびっくりです。
テレビを消した状態でも汚れは確認できず、拭いた後も残りません。
新品同様の画面に戻りました。

成功したので、残り2台のCRTも早速掃除。
見事にきれいになり、快適な環境になりました。
posted by Cion at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

金策におおわらわ【テイルズ・オブ・ディスティニー2】

テイルズ・オブ・ディスティニー2、順調に進んでいます。
ストーリーは主人公のカイルが、父親のスタン(TODの主人公)にあこがれて英雄になりたい、と思っているので比較的すんなり進みます。
まあ、スタンとルーティの子供といってもまだガキなので、誰にも認めてもらえません。
それでも、旅をするうちに少しずつ認められるようになり・・・という感じでストレートな少年の成長物語になっています。

多くのRPGは宿命的にお使いゲームになり、テイルズ・オブ・ディスティニー2もやはり敷かれたレールに沿ってストーリーが進んでいきますが、なかなかシナリオが練りこまれていて、面白いです。

公然の秘密、ジューダスの正体や、まだ正体がはっきりしないリアラなど面白いキャラもそろっています。

さて、結構シナリオも進み、中盤ぐらいまでは来たと思うのですが、このゲーム、結構金策が大変だったりします。
とにかく、武器のインフレが激しい。
さらに、装備を合成して強化できるために、拾った武器も売らずに合成してしまうことが多くあります。
それでもいらない装備は出てきますが。

そんなわけで、金策におおわらわです。
しかもゲームバランスも絶妙なところに設定してあり、アクションがうまい人は低レベルでもサクサク進めることが出来、私のように苦手な人間でも腰を落ち着けてやれば進めます。

まあ、このゲームは2周目以降のプレイも想定されているため、若干難易度が高めに設定されているのかもしれません。
そんなわけで、今日も金策、金策、ついでにレベルアップしながらシナリオを進めることになりそうです。


テイルズ オブ デスティニー2 PlayStation 2 The Best
B0009NUP44
posted by Cion at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

AFTER ATORY一周目クリア【CLANNAD】

CANNADのAFTER STORYの一周目をクリアしました。
せいぜいおまけシナリオ程度に思っていたところ、本編のヒロイン級のシナリオより長くて正直驚きました。

本編ではおおむねヒロイン達の成長と、それにつられて成長していく主人公の姿が描かれます。
AFTER STORYでは、5人ヒロインの中の一人だけに絞られ(プレイヤーが選ぶことは出来ない)、そのメインヒロインの成長も描かれますが、主人公が社会人として自覚を持って成長して行く方に比重が置かれていると思います。

Keyのお得意芸?の家族の絆により、主人公はいろいろなことを体験し成長していきます。
途中大きな挫折がありますが、それも家族の力で立ち直ります。

しかし、随所に涙を誘ういいシーンがありますが、トータルで見ても、シナリオの終わり方で見ても正直引いてしまう内容でした。

それもそのはず、AFTER STORYは一周では終わらないからです。
一周目の最後にようやく幻想世界と現実の接点が語られ、光の玉の正体が明かされます。
光の玉全て集めた時に真のエンディングに到達する・・・みたいです。

そんなわけで、まだエンディングに到達していません。
プレイ時間が表示されていないので、何時間プレイしたのかわかりませんが、スキップを駆使しても壮絶な時間のプレイをしているでしょう(笑
その価値に見合うエンディングにたどり着けるのか。
これだけ風呂敷を広げておきながら絶賛されるCLANNADの真のエンディングとはどんなものなのか。
AFTER STORY一周目をクリアした段階で、さらに興味が増してしまいました。


CLANNAD -クラナド-
B000EIUQL6

posted by Cion at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

4人PT完成【テイルズ・オブ・ディスティニー2】

ちまちまやっているテイルズ・オブ・ディスティニー2(ちまちまやっているゲームのなんと多いことか(笑)ですが、ようやく4人PTがそろいました。
テイルズシリーズは基本的に、といってもファンタジア〜ディスティニー2までしか知らないわけですが4人PTで戦います。

そんなわけで、二人で戦っていた時と比べると圧倒的に戦闘のテンポがよくなりました。
知らないうちにコンボが決まっていたりしてちょっと爽快だったりします。
私はアクションゲームが得意な方ではないので、ねらってコンボというのは出来なかったりします。
というか、コンボのシステムを今ひとつ理解していません(笑

そんなわけで、ようやく本格的なプレイが始まったという感じです。
これから面白くなってくるんでしょうか?
テイルズ・オブ・ディスティニー2はストーリー面ではかなり評価が高いので楽しみです。


テイルズ オブ デスティニー2 PlayStation 2 The Best
B0009NUP44
posted by Cion at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

テイルズ・オブ・ディスティニー2始めました

テイルズ・オブ・エターニアですが、現状で挫折っぽいです。
というわけで、テイルズ・オブ・ディスティニー2を始めました。
ようやくPS2のソフトに移行です。

古いソフトだけあってフィールド等はかなりしょぼい3D表示ですが、PSを見慣れてしまっていた私にはきれいに見えました(笑

ディスティニー2だと戦闘スタイルがずいぶん変わっていますね。
サイドビューなのは一緒なのですがTPの概念が変わり、100で固定になりました。
またTPの回復は1回通常攻撃をすると1回復するというものに変わりました。
また、通常攻撃をするとなんと言うパラメータかは知りませんが、それを消費し、そのパラメータが下がると命中率が下がる等ペナルティがあるようです。
これは待機していれば自然に回復します。

というわけで、戦闘のテンポがものすごく悪くなったと思います。
今のところ二人しかいないので、なおさらそう思うのかもしれませんが。

ストーリーはようやく主人公が旅立ち、何とか言う谷まで進みました。
途中で出会った男、君の正体はバレバレですよ。
あまりにわかりやすいのもどうかと思います(笑

というわけで、現状ゲームとしては今ひとつ面白くありません。
また、やりこみ要素も変わったようで、一周目のプレイでポイントが蓄積されていき、2周め以降そのポイントを消費することにより有利に進められるようです。
これは以降のシリーズの特徴になるのでしょうか?
少なくともアビスはそうみたいですね。
多分、この内容だと2周目をやることはないと思われますが(笑


テイルズ オブ デスティニー2 PlayStation 2 The Best
B0009NUP44


posted by Cion at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

意外と早く復旧するかも

先週の土曜日に発注したゲームマシン用のビデオカード、通販サイトの情報によると在庫なし、お取り寄せに7日程度となっていました。
入金手続き、発送手続き等を含めると10日ぐらいはかかるかな、と思っていました。

ところが、今朝メールがきて、昨日出荷したそうです。
すると、多分今日の夕方には届いてしまうわけで、予想を上回る速度で入手できてしまいした。

まあ、在庫なしになっていましたが、流通会社に在庫があって直送でもかけたのでしょうか。
値段は高かったですが、普段地元で使っているショップの系列ショップということもあって、信用していたところ、この対応はちょっとびっくりの良対応でした。

というわけで、今晩にでもゲームマシンは復旧しそうです。
posted by Cion at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ビデオカードお亡くなり?

ゲームマシン1号のビデオカードがどうもお亡くなりになったっぽいです。
購入したのは半年ぐらい前。
その前に使っていたビデオカードがFF11をやっていると頻繁にフリーズするので買い換えました。

しかし、今回もFF11をやっているとテクスチャが乱れたりしていたので、またビデオカードに問題発生かと思っていたところ、今日細かい緑の横線が入るようになり、OSごと再起動一回、硬直無数という散々な事態に陥りました。

しかし、予算の都合上来年の3月まで苦しいので(Vistaさんのせい)解像度を落としたりしてだましだましやっていたところ、ついに限界に達してしまったようです。

今回お亡くなりになったっぽいのはGIGABITEのGV-N66256DPというモデルです。
ファンレスで静穏というのが売りでした。

そして、静穏が仇となりました。
ゲームマシンでは3月の野球シーズン開始からほぼフル稼働でエンコードをやっていました。
そして、さっき触ってみたのですが、アイドリング状態でもこのビデオカードはものすごい熱を持っているようです。

ヒートシンクを触れないことは無いのですが、2〜3秒触っていると熱くて手を離さないといけないぐらいの熱を持っています。
それを半年以上24時間稼動させていれば、それはチップにダメージが蓄積するでしょう。

というわけで、今度はファン付のモデルに買い換えたいのですが、問題がひとつ。
ゲームマシンのマザーボードはAGPバス搭載なのです。
現在は業界ぐるみでPCI-Expressへの移行中、というか移行が終わりかけています。
そんなわけで、AGPバス対応のビデオカードは結構な値段がするのです。

本来、12月、1月の小遣いを削りまくってVistaを買う予定でしたが、Vistaを一月遅らせて12月分の予算で買わざるを得なくなりました。
なんだか、今年はPCに振り回されっぱなしだった一年だったような気がします。

まあ、今回もファンレスビデオカードは危険ということを学習したのでよしと考えるしかないでしょう・・・
posted by Cion at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

挫折かも【テイルズ・オブ・エターニア】

テイルズ・オブ・エターニア、ラストダンジョンのシゼル城までたどり着きました。
6人?の大晶霊の力を借りてシゼルと決戦、な訳ですが、その前に大晶霊の力を最大限に引き出すために大晶霊を指定の場所に連れて行かなくてはいけません。

上記の通り大晶霊は6人。
5人までは何とかなりましたが、炎の大晶霊のトリックがクリアできません。
炎の大晶霊のエリアは光の玉をドアまで導くというものですが、途中にある壁にぶつかると消えてしまったり、光の玉を曲げるための棒をタイミングよく移動させないといけなかったりとなかなかトリッキーです。
問題なのは、最後の棒で、光の玉が入った瞬間移動させるのですが、移動先で動き始めるものの、次の棒の直前で消えてしまいます。
攻略サイトをいくつも回ってみたのですが、タイミングが命と書いてあるだけで、具体的な方法は書いてありません。

なので、今やっている方法でタイミングが悪いのかなぁなどと思っています。
しかし、この部屋で費やした時間はすでに1時間近く。
総プレイ時間が30時間強であることを考えるとかなりのロスです。

普通エンディング間近まで来て挫折というのはなかなか無いのですが、テイルズ・オブ・エターニアに関してはアニメ化されているので、エンディングをアニメの方で見てしまうという裏技があるのです。

そんなわけで、テイルズ・オブ・エターニアは飛ばしてしまい、テイルズ・オブ・ディスティニー2に移行してしまうかもしれません。
まあ、気が向けばちょこちょこ挑戦するでしょうか、いつになることやら(笑


テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best
B00006L8ZM
posted by Cion at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

ガッカリ砲マーボーカレー【テイルズ・オブ・エターニア】

念願のマーボーカレーが作れるようになりました。
マーボーカレーを作るためにマスターしなくてはいけない料理の材料をそろえるために、180万ガルドという大金をはたいて転送装置を購入しました。

マーボーカレーの基礎になる材料のいくつかはアイメンという町で売っています。
しかし、アイメンはストーリー開始時点で壊滅しており、当然ショップなどありません。
ストーリーを進めればショップが登場するのかと思っていましたが、その気配もありません。

途方にくれていた時に思い出しました。
アイメンの町の近くにはアイメン駅があり、そこにショップがあるのです。
早速行ってみるとお目当ての食材がずらりとならんでいました。
それで必要な料理をすべてマスターし、いざマーボーカレーを!と思ったところで罠が発生です。

マーボーカレーの材料のひとつはノームの集落でしか売っていないのです。
ノームの集落は町ではなく、ダンジョン扱いなので転送装置にはいけません。
そしてノームの集落に行くには、鉄道のミニゲームをクリアしないといけないのです。

それでも何とかノームの集落にたどり着き、食材を仕入れマーボーカレーを作りました。
しかし、テイルズ・オブ・エターニアでは各アイテムを最大15個までしかもてないのです。

つまり、手間をかけてノームの集落にたどり着いても、ノームの集落では変えない食材が尽きてしまうとそこでマーボーカレーは作れなくなります。
ノームの集落で食材を15個買って使い切り、15個さらに購入し、他の材料を仕入れてやってみましたが、激しく面倒です。

というわけで、マーボーカレープロジェクトは挫折に終わりそうです。
ストーリーももうラストダンジョンまで進めてあるので、今日当たりにさくっとクリアしてしまいそうな勢いです。

やりこみ要素はかなり省いていますが、それをやったらものすごく強くなる、とか言うものは無いようなのでパスしてクリアだと思われます。

テイルズ・オブ・エターニアが終わればようやくPS2のシリーズに入れます。
10年の歴史を誇るだけあって、テイルズシリーズはやっぱり面白いですね。
まだ発売されているタイトルの半分も終わってないわけですけど(笑


テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best
B00006L8ZM
posted by Cion at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

転送室設置【テイルズ・オブ・エターニア】

ストーリー中盤で手に入るアイフリード号ですが、終盤になると施設を設置できるようになります。
空き室が二つあるので、その中に6つの施設の中から二つ設置することが出来ます。

私がつけたい施設は販売室と転送室です。
販売室は各種食材やグミ、そしてルーンボトルを購入できるようになります。
ルーンボトルは前作のようにセージなどの強化にはならないので、必要性が薄れていますが、やはりあるとうれしいです。

そして転送室。
テイルズ・オブ・エターニアにはマーボーカレーという料理があり、これを食べるとTPが1増えるというすごい料理です。

しかし、マーボーカレーは派生料理であり、派生させるにはスイートパフェ、にがりマーボー、しゃくねつカレー、ザラメライスをマスターさせないといけません。

マスターするには、それぞれ決まった回数料理しないといけないわけで、当然その材料を集めないと料理できません。
材料は各地の町に売っていますが、移動するのが激しく面倒なのです。
特にセレスティア、インフェリア間の移動はかなり面倒です。

そんなわけで転送室の設置となりました。
これはレグルスの丘をクリアするとセレスティアのティンシアで設置できます。
しかし、かかる費用は180万ガルドという膨大な金が必要です。

この資金を稼ぐには、直前にクリアしたレグルスの丘で、少し進んだ床が緑色に輝くエリアが便利でした。
ここでは歩くだけでTPが回復するので、事実上技が使い放題になります。
リッドの技の習得もかねて金策しました。
ついでに激しくレベルも上がってしまいましたが(笑

そんなわけで、素材調達が楽になったので、マーボーカレー目指して料理、料理です。


テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best
B00006L8ZM
posted by Cion at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

Disk3に突入【テイルズ・オブ・エターニア】

テイルズ・オブ・エターニアですが、ちょこちょこやっています。
そして、ついにDisk3に突入しました。

さすがにこのあたりに来ると覚えているシーンが出てこなくなったので、昔プレイした時はDisk2で挫折したっぽいです。

Disk3に入ってしまえばエンディングは間近なわけで、エターニアはやりこみ要素が前2作に比べて少ないのですんなりと終わりそうです。
その代わり2周目ボーナスがありますが、さすがにそこまでは(笑

数少ないやりこみ要素、隠し大晶霊も2体手に入れました。
潜水艦を手に入れるといけるようになるセレスティアの闇の大晶霊、ストーリーを進めるといけるようになるインフェリアの元素の大晶霊の2体です。

残る大晶霊は1体。
これはラストダンジョンまで出てきません。

後はちょこちょこっと船を改造して、ストーリーを進めればおしまいという感じです。
プレイ時間は約30時間。
今のゲームに比べると、かなりお手ごろ感がありますね。


テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best
B00006L8ZM
posted by Cion at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

古河渚クリア【CLANNAD】

古河渚シナリオをクリアしました。
これでCLANNADに出てくる全ヒロイン、サブヒロイン、脇役のシナリオをクリアし、8つの光の玉を集め、AFTER STORYに進む条件が整いました。

やはり、CLANNADのメインヒロインは古河渚のようです。
途中に挿入される幻想世界とシナリオがリンクしています。
また、藤林杏除く3人のヒロイン達のシナリオにも深くかかわってくるので、出場機会はかなり多いです。

しかし、病弱で、気が弱いという設定にされているため、今ひとつキャラが立っていません。
他のヒロインのシナリオにおいてもかなり重要な役割をになっているにもかかわらず、どうしても脇役然としてしまいます。
まあ、こういうキャラが好きな人は好きなのでしょうが。

そんなわけで、一応クリアはしたものの、世間の評価ほど私はすごいゲームだとは思えませんでした。
ただ、AFTER STORYを残しているので、ここでひっくり返してくれるのでしょうか?
このままだと無難な良作で終わってしまいそうです。


CLANNAD -クラナド-
B000EIUQL6

posted by Cion at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

伊吹風子クリア【CLANNAD】

FF11の誘われ待ちにやっているCLANNADですが、意外とハイペースで進んでいます。
4人目のヒロイン、伊吹風子をクリアしました。

伊吹風子も一ノ瀬ことみと同じく、不思議少女系のキャラでかぶっているじゃん、と思いましたが、シナリオを進めてみると全く別系統でした。

CLANNADには話の途中で幻想世界というステージが挿入されているので、ファンタジー色があるのはわかっていたのですが、ヒロイン級で初めてファンタジー色をもったヒロインでした。

伊吹風子には別のヒロインと異なり、エンディングが2種類用意されています。
分岐はものすごく簡単で、最後の選択をどちらにするかでGoodEndとTrueEndに分かれます。
CGを回収するには両方見ないといけませんが、選択肢からエンディングまではそんなに長くないので苦痛ではありませんでした。

光の玉はTureEndの方でもらえるはずですが、エンディングロールをうっかりスキップしてしまったので、光の玉がもらえているかどうかちょっと心配だったりはしますが。

残るヒロインは古河渚のみ。
古河渚の攻略が終わればAFTER STORYに進みます。
もうちょっとで制覇、というところでしょうか。


CLANNAD -クラナド-
B000EIUQL6

posted by Cion at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

Core 2 DUoは化け物か

人柱シリーズ第二段です。
正確にはこっちの方が先なんですけど(笑

9月ごろにTV録画用のマシンがCPU、M/B、メモリのどれかが死んでしまって使用不能になりました。
そこで、メインに使っているマシンをTV録画用にして暫定的にかわしました。

しかし、ひとつ問題がありました。
録画している野球をエンコードするのにゲームマシン(Pentium4 3EGHz)を使っていましたが、1試合3時間をエンコードするのに約2日かかります。
正直話にならないので、もう一台エンコードマシンが必要になりました。

そこで、出たばかりだったCore 2 Duoの最下位のCPUを搭載したマシンを組みました。
なんだか設定がおかしかったようで、Windows Mediaエンコーダーさんがうまく動いてくれなかったのですが、一昨日ようやく機嫌を直してくれました。

そこでエンコードをやってみると・・・1試合20時間もかかりません。
周波数は1.8GHzちょいなのにスピードは倍以上。
消費電力も全然違います。
消費電力が違うということは電源の出す騒音も軽減されるわけで、すばらしいパフォーマンスを発揮しています。

1試合20時間程度でエンコードできるなら、Core 2 Duoのマシンだけでエンコードをまわすことができます。
Pentium4搭載のマシンの方は、どうもVGAカードが熱でやられかかってるくさいのです。
うっかりファンレスモデルを選んでしまったのが運のつきだったのでしょうか。

そんなわけで、今後Core 2 Duo搭載マシンが大車輪の働きをしそうです。
来年になって、値段がこなれてきたらキャッシュが倍の上位モデルに乗り換えてみようかななどと思ってしまうほど強烈でした。

もしかして、今Webを見たりしているこのマシン(Celeron D 2.53GHz)にもCore 2 Duoが乗らないかしらと調べてみたところ、例の一癖も二癖もあるP5P800SEではやっぱり無理みたいでした(笑

でも、デュアルコアのマシンに慣れてしまうと、シングルコアのマシンを使うのははっきり言って苦痛なので、タイミングを見計らってローエンドのPentium Dに乗り換えるかもしれません。
まあ、お金があれば、の話ですけど(笑
posted by Cion at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

IE7の人柱

InternetExpoloer7が一昨日正式にリリースされました。
約半年後にはWindows Updateで自動的に配信されるようです。

というわけで、早速MSのサイトに飛んで、ダウンロードしてきました。
IE7の目玉はタブブラウザ対応とRSSリーダーの標準装備が目玉でしょうか。

使ってみたところ・・・タブブラウザは使いにくいです。
設定が悪いのかもしれませんが、メールソフトのリンクを開くと次々と新しいタブが開いていき収拾がつかなくなります。
これはIE7を複数立ち上げることで解決できそうですが・・・

RSSリーダーはまだ使っていません。
窓の杜の説明ではいまいち使い勝手が悪いということでしたが、私は今までSleipnirにバンドルされていたRSSリーダーを使っており、Sleipnirのバージョンが古いのでセキュリティ上危険と判断していたので、多分IE7のRSSリーダーに乗り換えると思います。

まだ使って1日しかたっていないので、使いこなしているとは到底いえない(というか、上記の機能以外はユーザーの目には見えないところで進歩しているみたいです)ので、なんともいえませんが、どうしても人柱の血が騒いでしまいました。

後はレイアウトの変更にちょっと戸惑うぐらいでしょうか。
デフォルトでツールバーがなかったり、アドレスが一番上に表示されていたり、ホームボタンが場所とサイズが変わっていたりと見た目に若干の変更があります。
これはすぐに慣れてしまうでしょう。

きっと次々と不具合が発見されて大変な目にあうのでしょうが、それもまた楽しいので良しとします。
posted by Cion at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

一ノ瀬ことみクリア【CLANNAD】

CLANNADの一ノ瀬ことみをクリアしました。
ヒロイン級だけあって、シナリオのボリュームはかなりのものでした。
一ノ瀬ことみは他のキャラの攻略中にも出てきたことがあり、第一印象は読書好きの不思議少女で、なんでこんなキャラがヒロイン級の扱いを受けているのか不思議でした。

最後までプレイすると、ヒロイン級に扱われるだけのシナリオであるだけのことはあると思いました。
なんだか、AIRの遠野美凪と似たようなシナリオで、同じKeyの作品なのでもしかしたら、シナリオライターが一緒なのかもしれません。
ちょっと調べてみたのですが、わかりませんでした。
いわゆる感動系のシナリオに出来上がっています。

ここまで藤林杏、坂上智代、一ノ瀬ことみと3人ヒロイン級をクリアしましたが、藤林杏以外のシナリオではまだクリアしていない古河渚がキーマンになっています。
とにかく、渚が演劇部を作ろうとしていることを知らないとクリアできません。
現在プレイ中のやはりヒロイン格、伊吹風子も渚と知り合わないとクリアできないようです。

というわけで、CLANNADのメインヒロインは渚、なのでしょうか?
渚シナリオは途中までしか進めていない(幸村シナリオに分岐させるため)ので、なんともいえませんが。

残るキャラは現在プレイ中の伊吹風子、エンディング直前まで進めてある古河渚の二人です。
この二人を攻略すればAFTER STORYに進めます。
攻略サイトを見ながらプレイしてきましたが、CLANNADは難易度がかなり高めです。
誰々のシナリオをクリアしていないと他のヒロインのシナリオで光の玉を回収できなかったりというのが見受けられます。

一見、ストーリーを追いかけるだけのぬるいゲームに見えますが、独力でクリアしようとするとかなり手ごたえのあるゲームに出来上がっています。
それだけ敷居を高くしたAFTER STORYではどのような話が展開されるのでしょうか。
今から楽しみです。


posted by Cion at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

プロ野球セット解約

気がつけば11月。
野球のシーズンは終わってしまいました。

そこで、当然ですがスカパーのプロ野球セットを解約しました。
うちはケーブルテレビにも入っていて、スカイAとGAORAが見れるので何気に阪神ファンとしてはオフシーズンでも困らないのです。

思えば、自分の趣味はゲーム、アニメ、マンガだと思っていましたが、それらに割く時間に近いほどスポーツを見ています。

阪神戦全試合録画、ワールドカップ全試合録画、F1日本GPだけ録画失敗、K-1日程を忘れがち(笑)と意外と多彩なジャンルを見ています。

もしかしたら、履歴書の趣味の欄に堂々とスポーツ観戦と書いていいのかもしれませんね(笑
posted by Cion at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

Disk2に突入【テイルズ・オブ・エターニア】

テイルズ・オブ・エターニアですが、Disk2に入りました。
Disk1にかかった時間は15時間ぐらいだったでしょうか。
エターニアは3枚組みなので、単純にこの3倍ぐらいのボリュームがあると思います。

Disk2まで進めてきて、見覚えのあるシーンやマップが多々ありました。
やっぱりやったことがあるみたいです(笑
覚えていないんですけどね(笑

ストーリーはRPGの宿命的なお使いの範囲を出ませんが、ディスティニーに比べるとキャラが立っていると思います。
これまた古典的な事件に巻き込まれる形で話が始まるわけですが、主人公リッドは全く乗り気ではありません。
逆に、ヒロイン?のファラはなぜか妙に乗り気です。
そのあたりの温度差もうまく描かれていると思います。
現在の段階では、リッドはここまで来てしまったから仕方ないかという感じになっていますが、ごく自然な流れでリッドの心境の変化が描かれていていい感じだと思います。

後は、戦闘シーン。
今までのシリーズより格段にアクション度が増しているっぽいです。
ぽいというのは、私が使いこなせていないだけなのですが(笑
今までのシリーズでも、連続で攻撃を当てるとコンボが成立し、経験値にボーナスがもらえました。
エターニアでも引き継がれていて、必殺技の組み合わせでより柔軟なコンボができるようになっているっぽいです。
格闘ゲームはいまいちな私にとってはあんまり関係のない話なのですが。

そんなわけで、結構楽しく進めています。
多分すんなりとエンディングまで行くような気がします。
おまけ要素もそんなにないようなので、本編に集中できますし。
いまのところ、良作だと思います。


テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best
B00006L8ZM
posted by Cion at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。