2006年03月29日

フラグメンツブルー再び

ずいぶん前ですが、フラグメンツ・ブルーの公式ページで攻略情報が出揃っていました。

やる気のあるときにちょこちょこやっていましたが・・・いろんなレビューを見るととにかくボリュームがない、すぐ終わるという言葉が目に付きます。
しかし、私の感想は全く逆で、ものすごいボリュームのゲームです。

確かに、一周のプレイ時間は音声を全部聞かず、文字だけ読んで進めて10時間ちょいです。
それで、攻略情報を見ずにプレイすると、ほとんどの人は千花グッドエンドにたどり着くのではないでしょうか。

千花グッドエンドでは、謎の大半が明らかになり、しかも最後のシーンにはほろりとさせられてしまい、多くの人がそこで納得してしまうと思います。

しかし、このゲームはそんなものではありません。
このゲームには、グッドエンドが4つ、ベストエンドが3つあります。

千花エンドはグッドエンドで、ベストエンドではないのです。
さらにベストエンドが3つも残っているのです。

と言うわけで、私の性格からして全部のエンディングを見ますよ。

このゲームは基本的に一本道ですが、特定の条件を満たさないとグッドエンドになり、ゲームが終了します。
もちろん、変な選択をしたらバッドエンドにもなります。

最初の分岐点はカギを8つ集められるかです。
実は、これが一番の曲者でした。
明確なフラグが無いのです。

最初は、どこかにキーになる選択肢があるのではないかと思い、全て正しい選択肢を選びました。
しかし、8つめのカギは手に入りません。

実は、2番目の分岐はゲーム中の選択によって増減するポイントがあり、そのポイントが一定以上ないと進まないというからくりがありました。
それで、わざとポイントを上げないようにしていました。
このゲームには情報合成分岐というシステムがあり、それまで出てきたキーワードの中からその場面にふさわしいものを選びます。
そこで、あえて関係ないキーワードを選び、ポイントを減らした上で正しいキーワードを選んでいました。
そうすれば、正しい選択肢を選んで、なおかつポイントは増えません。

しかし、それで完璧な選択をしたはずなのに最後のカギはもらえませんでした。
とりあえず、カギを8つそろえられない状態で迎えるグッドエンド、百花&夏音グッドエンド、真綿グッドエンド、ノーマルグッドエンドはみました。

次の目標は、カギを8つそろえて、なおかつポイントが低い場合に到達する千花グッドエンドでした。
しかし、上記の通りポイントを抑えるとカギがもらえません。

そこで諦めて、ノーマルベストエンドを狙って、いままでわざと外していた違うキーワードを選択せず、正しいキーワードのみをピンポイントで選んだところ、あっさりと8つ目のカギが手に入ってしまったのです。

どうも、8つ目のカギをもらえるかどうかは、分岐の段階で一定以上のポイントがあるかどうかで決まるように思います。
で、その一定以上のポイントと言うのがかなり高いところに設定されており、ポイント分岐ぎりぎりのラインまでポイントを稼がないとカギをもらえないようです。

それがわかってしまえば後は簡単で、8つ目のカギをもらった後はわざとポイントを減らす選択をして千花グッドエンド、次はポイントをしっかりためてノーマルベストエンドに到達しました。

残るは百花ベストエンドと夏音ベストエンドの二つです。
ちゃんと計算すればどこどこまでプレイして、セーブして分岐と言うのが可能なのでしょうが、計算するのが面倒なので、後2周する予定です。

ノーマルグッドエンド>真綿グッドエンド>百花&夏音グッドエンド>千花グッドエンド>ノーマルベストエンドと順に見てきて、謎がひとつずつ解明されていきます。

こういうのは楽しいですね。
後2周、果たしていつ終わるのかわかりませんが、まったりと進めようと思います。


posted by Cion at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジュアルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

日本代表ありがとう!

WBC日本代表、決勝戦進出おめでとう!
今日の采配は神がかっていましたね。

敵チームにいる上原は鴨に見えるのに、味方チームにいるとなんと頼もしいのでしょう。

そして、いやーないやーな福留。
中日のクリーンナップが登場すると、1点覚悟という気持ちにいつもなっていましたが、今大会に限ってはずっとかわいい仔猫ちゃん状態でした。
そしてついにスタメン落ち。

ライバルチームの事ながら、ちょっぴり心配になっていました。
でも、福留は2次リーグ敗退確定的だった一昨日も練習していたメンバーの一人だったのです。

そして、調子をどんどん上げていたとか。
それだけ気持ちが篭っているから、代打でいきなり先制2ランなんて放てたんですね。
本人も気持ちで打ったと言っていましたし。

その後の宮本の代打もがっちり決まり、今まで硬直気味だった王采配が輝いていました。

今日はドミニカ共和国対キューバの試合も見ていましたが、キューバはなんだか荒削りな感じがするチームです。
序盤からいきなりエラー3つもだしてしまったり。

ドミニカに先制を与えたのもキューバのミスからでした。
でも、そこでドミニカが喜んでしまった感じでした。
一番危ないのは、点を取った次のイニングなのに。
ましてや、相手のミスでもらった点など目もくれず、さらに加点しなくてはいけない場面で攻撃を緩めてしまいました。

キューバはミスはいっぱいします。
でも、ここ一番ではすごい集中力でピンチを脱します。
1点、2点のリードでは全く安心できない相手です。

でも、今の日本代表チームなら力は上だと思います。
ここまできて、よもや慢心などしていないだろうから、きっと明後日も勝って初代世界チャンピオンになってくれるでしょう。
とても楽しみです。

代表30人のうち28人はプロ野球からの選抜です。
日本のリーグが世界最強だということを示しましょう!

ついでに、予想ネットというお小遣いサイトがあって、そこではメールを読んでためたコインを使ってゲームができます。
そのゲームの中に、今日の試合の予想というのがありました。

丁度100コイン持っていたので(ためるのに3ヶ月ぐらいかかった)全コインを日本勝利に突っ込みました。
その結果、見事勝利!
コインはポイントに還元され、ポイントは現金に還元されます。
私の懐にも1300円ほど転がり込んで来ましたw

心も懐も温かくしてくれた日本代表、ありがとう!
posted by Cion at 19:52| Comment(1) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコの闘志を受け継げ!

正直、一昨日のアメリカ敗退は思いっきりびっくりしました。
いろいろ検索してみると、西岡のタッチアップを誤審したボブ・デービットソンがまたやらかしたとか。

でも、そこでメキシコ人がスーパーサイヤ人化したみたいですねw

メキシコが準決勝に行くには13回まで無失点で行かなくてはいけませんでした。
つまりあそこでホームランが通ってしまうと、仮にアメリカを0点に押さえてもメキシコ敗退が決定します。

しかし、メキシコ選手団は猛抗議。
もはや決勝云々ではなく、目の前の試合に勝つことに集中した気迫がみなぎっていました。

先制点をとってしまった後はメキシコにとっては消化試合になっていたにもかかわらず、ついに最後まで集中力を切らしませんでした。
まさにプロの意地を見せ付けてくれました。

しかし、そう考えるとメキシコはかなりの強豪でしたね。
そのメキシコに2次リーグで快勝できたのは日本だけ。

韓国から見れば、倒しても倒しても目の前に日本が立ちふさがって感じ悪いでしょうねw
一度の大会で3回も同じカードが組まれるのはいかがかとは思いますが、とにかくチャンスはやってきました。

今日の先発は上原です。
プロ野球の試合で見る上原はいいお客さんなのに、日本代表の舞台に立つ上原はなんであんなに頼もしいのでしょう?w

今日はドミニカ共和国-キューバ戦から観戦して、決勝の相手がどんなチームになるか観ておきますw
posted by Cion at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

魔法遣いに大切なこと

ひそかに「魔法遣いに大切なこと」を見ていました。
この作品は、小説を原作とし、コミック化、アニメ化、そしてアニメをベースにまた小説化、さらにコミックで続編が作られています。
なんとも不思議なメディアミックスをとげた作品でした。

舞台は、魔法遣い(魔法使いではない)が普通にいる現代日本。
魔法遣いは国の認定を受けて、国家公務員として魔法の依頼をこなします。
弁護士や、公認会計士(これらの職は国家公務員ではないけれど)みたいな存在ですね。

認定された魔法遣いが私的に魔法を使うのは禁止されています。
認定されていなかったり、自分の能力に気がつかずに魔法を使ってしまったものが罰せられていたり、放置されていたりと微妙ではありますが。

ただ、魔法遣いは努力すればなれるものではなく、生まれつき魔法が使えるかどうかが決まっています。

主人公菊池ユメもそんな魔法遣いの一人です。
母親が伝説の魔法遣いということで、ユメもものすごい潜在能力を持っているという設定になっていますが、ユメの周りの魔法遣いもすごいのばっかりなので、あんまり目立っていませんw

この作品においては、魔法をアクセントにしたユメの成長物語です。
将来は魔法遣いになることになんの疑問もなく育ってきたユメが、認定試験を受けるために上京し、さまざまな人と出会い、魔法を使い、時には失敗したり挫折感を味わったりしながら、最後には大きな仕事をやってのける、というサクセスストーリーです。
まあ、ストーリー的には無難で、誰が見てもそれなりに楽しめると思います。

しかし、一目見てわかる特徴があります。
予算がついていませんw
作画レベルは高いのですが、動きが乏しいのです。

しかし、さすがは老舗J.C.STAFF、演出と音楽で見事にカバーしてしまいました。
CG技術のおかげで安くてもきれいなものが作れると言ういい見本になっていますね。


魔法遣いに大切なこと 1〈初回限定版〉
魔法遣いに大切なこと 1〈初回限定版〉宮崎あおい

ジェネオン エンタテインメント 2003-03-07
売り上げランキング : 4,070

おすすめ平均 star
star無難なアニメか
star視聴者にあえて媚びない淡々とした作品
star個人的には原作が好きですが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MovableTypeをカスタマイズしたい!

先日、MovableTypeを使ったブログ、CionのFF11ソロでまったりプレイ日記

http://ff11.cionnet.net/blog

を作りましたが、カスタマイズの方法が全く分かりません。
アクセス解析を導入するのはおろか、カウンターすら置いていません。
というか、あの画面はMovableTypeのデフォルトのスキンですw

ネットで調べてみても、現行のMovavleType3.2に関する記述はほとんど見当たりませんでした。
そこで、体系的に勉強するためにこんな本を買ってみました。

ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック
ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック藤本 壱

技術評論社 2005-11-08
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star待ってました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと高いですけど、必要経費とみなします。
昨日届いたので、早速見てみると・・・目次からして濃いです。
まずはカウンターやアクセス解析、レイアウト変更から行いたい私にはレベルが高すぎますw

いや、これはこれでその内役に立つんでしょうけどね。
もう少しネットを徘徊して基本の基本から勉強です。

なんだか、アフィリエイトのためにはじめたブログの勉強が、ブログ自体が面白くなってきていて、目的がずれているような気がしますw
posted by Cion at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

全勢力クリア【黒鉄の咆哮3】

黒鉄の咆哮3では、自分がとった行動により、最終的に連合国、枢軸国との同盟あるいは独立勢力と3つのルートに分岐します。

ルート分岐のフラグは連合国側に多くダメージを与えれば連合国が降伏してくる形で同盟を結び、枢軸国の場合も同様です。
独立の場合はちょうど連合国と枢軸国のバランスが取れたときに分岐します。

まあ、抜け道もあって、一番最初のエリアAを一度クリアするとフラグが全て消滅します。
後はどちらかの勢力を叩くルートを選べば自動的に勢力を決定できます。

当然、選んだ勢力によってミッションは分岐します。
内容はおおむね同じようなものですけどね。
例えば、連合国側だと枢軸国のアテネ基地を攻撃せよというものになりますが、枢軸国側だと逆にアテネ基地を防衛せよというミッションになります。

しかし、決定的な差が出るのはラスボスです。

以下ネタばれあります


鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
コーエー 2004-07-02
売り上げランキング : 1,323

おすすめ平均 star
starよい。
star軍艦シューティング
star鋼鉄3の特徴について

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by Cion at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お疲れ様でした

日本代表、お疲れ様でした。
日本が決勝トーナメントに行くには、メキシコが4失点以上してなおかつメキシコが勝たなくてはいけません。
そのメキシコチームは・・・今日は練習を休んでディズニーランドに行っているそうですorz

アメリカ戦など、誤審&ルール無視(主審は当初からアウトだと思っていたというのがWBC運営側からの回答ですが、なぜすぐにアウトにせず、抗議後にアウトにしたのか?)といういやな事件が出ました。

しかし、「チームの事情」でベストメンバーを組まなかった日本、アメリカが総力を挙げてかかってきた韓国に負けたというのはいい教訓になったと思います。
正直スポーツを国威発揚に使うのはいかがかと思いますが、韓国がベストメンバーを組んできたのは確かでしょう。

そしてもうひとつ、野球において大リーグが最高の権威=アメリカ最強という図式が崩れたのも象徴的でした。
大リーグは確かに野球における最高の権威ですが、それを構成しているのは他国の有力選手だったということが白日の下にさらされました。

アメリカ人以外にも優勝できるチャンスはある。
そうとらえ、3年後はベストメンバーで挑んで欲しいものです。
しかし、今日の悔しさを、3年後にぶつけられるオーナー達は何人いるでしょうか。

それにしても、国際試合は燃えますね。
あまりサッカーのことを知らない私でもA代表の試合は見てしまいます。
それが好きな野球ならなおさらでした。

WBCがワールドカップのように、チームの事情を差し置けるほどの権威と実力を持てるようになるのはいつになるのでしょうか。
それよりも、そんな日は来るのでしょうか。

いつの日か、日本最強チームが決勝戦を戦うところを見てみたいものです。
その中に鳥谷が混じってるといいなw
posted by Cion at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり延期のPS3

昨日のソニーの発表、やはりPS3の発売延期でしたね。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/13212.html

って、午前中にはすでにニュースになってましたけどw

発売延期でソニーの業績に懸念を示す人もいるようですが、私はあまり影響を与えないような気がします。
かえって先走って中途半端なものを出してしまった方が苦しい立場になると思います。

XBox360はDVD搭載。
それに対してPS3はブルーレイディスク搭載です。
しかも、発売するゲームは全てブルーレイで出すと宣言しました。

XBoxは北米と中国ではヒットしました。
まあ、北米でヒットするのはわかりますが、中国でヒットしたのはDVDという媒体の惰弱制がひとつの要因だと思います。
多分、中国ではハードは売れたけれど、ソフトはそんなに売れなかったのではないでしょうか・・・

で、PS3ですが、ブルーレイの規格に時間がかかっての発売延期だそうですが、他にも火を噴いているところがあったりします。

PSシリーズはデュアルショックコントローラ以降、コントローラに振動機能がついていますが、その振動機能の特許に関して昨日か一昨日敗訴しました。
それでものすごい額の賠償金を請求されています。

でも、大方の見方は賠償金目当てではなく、ライセンス料を現状の1.25%から5%に引き上げさせるのが目的ではないかと見ているそうです。
なので、PS3は本体とコントローラが別売りになるかも?

あとはHDD標準搭載と言ってきましたね。
標準のHDDを交換できればいいのですが、固定だとそこがPS3の急所になるような気がします。

振り返ってみれば、ここ1年ぐらいは停滞しているものの、PS2が発売された2000年のHDDと言えばせいぜい20GB程度でした。
それが6年後の現在、500GBまで登場しているわけで、向こう5年の予想ははっきり言って立ちません。

さらにブルーレイディスクをフルに使ってくると10タイトルもインストールできないんですよね・・・

まあ、多分HDDの運用の仕方は、ブロードバンドと絡めてソフトのパッチや追加要素を入れるだけで、ゲーム本体はメディアの方から読み取るのではないかと思います。

そして、問題の価格。
PS2の発売時の価格と大差無いと言っています。
PS2の発売時の価格っていくらでしたっけw
4万5千円ぐらい?
たしか5万円持って買いに行って、本体とソフトを買ったような記憶があるので本体は4万〜4万5千円ぐらいの間だったような。

すると、49800円という散々予想されていた値段が一番有力ですかね。

何はともあれ、PS2はまだ現役を張れるハードだし、FF12のようなキラータイトルもあるので、ソニーとしては今回の発売延期はたいした痛手にはならないというのが私の予想です。
posted by Cion at 08:02| Comment(0) | TrackBack(1) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ソニー、15日午後3時からプレイステーション事業説明会を開催

だそうです。

http://today.reuters.co.jp/news/newsarticle.aspx?type=technologyNews&storyid=2006-03-14T125025Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-206306-1.xml

PS3の発売延期発表とみて間違いないでしょうね。
現状で規格がまだ固まっていないそうですから。

まあ、PS3は明らかにオーバースペックなマシンなので、そう易々とは発売できないとは思っていましたが。

逆に、あのスペックなら7〜8年以上持つと考えたんでしょうかね。
そうすれば、PS3を買い換えるということにもつながり、将来的には出荷数増、売り上げ増につながりますから。
現に私はPSを2台、PS2を3台持っていますw

時期はいつでもいいので、しっかりした製品を送り出して欲しいものです。

でも、そうなるとXBox360は悲惨ですね。
PS3にあわせて、無理に先行販売したため不具合続出。
ユーザーの不信を買いまくっています。
同様の例にDCがありましたね(DCは特に不具合はありませんでしたが、発売時期を見誤った)
posted by Cion at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

レールガン【鋼鉄の咆哮】

鋼鉄の咆哮シリーズには最凶兵器であるレールガンがあります。
100センチ砲の攻撃力が1500ちょいなのに対し、レールガンの攻撃力は10000を超えます。
まさに一撃必殺、巨大戦艦クラスでも一撃で沈められます。

そのレールガン。
過去の2作だとエクストラステージに行かないと取れなかったような気がします。
なので、今回もエクストラステージのお楽しみと思っていました。
しかし、通常のステージでもレールガンを取得する方法がありました。

鋼鉄の咆哮シリーズには、たしか2からだったと思いますが、特殊研究機関というものがあります。
これは、敵から鹵獲した兵器を改造する機関なのですが、よく失敗して兵器をロストするのでなかなか使い辛かったりします。

しかし、この特殊研究機関を使うことによってレールガンへの道が開けるのです。

レールガンの素材になるのは61センチ70口径砲です。
これを長い長い研究ルートに乗せてレールガンにたどり着きます。
その道のりは・・・

61センチ70口径砲(中規模研究)→61センチ80口径砲(大規模研究)→小型レールガン(大規模研究)→砲塔型レールガン(大規模研究)→レールガン(大規模研究)→レールガンα(大規模研究)→超レールガン

他にももっと口径の小さい砲からガトリング砲を作って、そこからレールガンに進むこともできます。

中規模研究、大規模研究というのは、その研究にかかる時間と、できる武器の性質に関わります。
中規模研究だと2ミッション、大規模研究だと3ミッションクリアすることによって研究の成果が出ます。

また、研究の規模が大きくなるほど失敗のリスクも高まり、大規模研究だと失敗した場合元の部品もロストします。

まあ、ここは必殺セーブ&ロードを駆使してw
完成した超レールガンの威力は17000。
これに耐えられるのは一部の超兵器だけでしょう。

それを4隻分用意しました。
死ぬかと思いましたw
で、やってみると圧倒的な破壊力を示します。

レールガンは威力に目が行きがちですが、射程距離も無茶苦茶長いのです。
その射程はマップの5分の1ぐらいの距離にまで及びます。
もう、インチキですねw

実は、この超レールガンをさらに研究することもできます。
出来上がるのは波動砲と重力砲。

波動砲は射線上にいる味方艦にダメージを与えてしまうし、重力砲にいたってはうっかりすると自艦が重力に飲み込まれてしまい、一発で轟沈します。
なので、使いにくいのです。

さて、この戦力でノーマルモードはクリアできるのでしょうか?
現在は連合軍と同盟を結んで進めています。
後ちょっとなので、がんばりたいですね。


鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
コーエー 2004-07-02
売り上げランキング : 1,323

おすすめ平均 star
starよい。
star軍艦シューティング
star鋼鉄3の特徴について

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

アメリカ戦

あー
なんか、もうWBC終わりましたね。
あの大失態を取り戻すのに何年かかるんでしょう。
それ以前に失態を取り戻すまでWBCが存続するのでしょうか。
それぐらいの大ちょんぼを犯しましたね、あの審判。

3年後、日本はベストメンバーを送らないかも・・・

ソルトレイクで完全に味をしめていましたね。
スケートで1位の韓国人選手を失格にし、2位のアメリカ人選手に金メダルを与えたあの事件。
お隣の某国が前回のワールドカップでまねするし。

アメリカ人の他国人への差別心がはっきりわかりましたよ。
スポーツですらルールを守れないのか?お前ら。
でも、やったもの勝ちというのが世界的にスタンダードになりつつあるなら、それを良しとしない日本人も対応を考えないといけないですね。
意外といろんな勉強になったかもw

最後の藤川。
二死満塁でA・ロッドと対決。
投手冥利に尽きたでしょうね。
今の藤川の球を見て速いとかぬかしてたから、シーズン中の藤川の球なんて絶対に見えないだろうなぁw
posted by Cion at 09:43| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ZZガンダムゲット【機動戦士ガンダムvsZガンダム】

ふと思い立ち、機動戦士ガンダムvsZガンダムをやってみました。
そういえば、ZZガンダムってまだ使えなかったような気がしたので、早速攻略サイトをチェックです。
ZZガンダムの出し方はこれのようです。

http://netpc.web.infoseek.co.jp/zgandam/sonota/kakusi.htm#1

えと、どこまでやったか覚えていませんw
アーケードモードでGルートが使えるようになっていたので、残っている条件は何だろうと思い、取りあえずGルートをクリアしました。
でもZZガンダムは登場しません。

そういえば、サバイバルモードなるモードはやった記憶が全くなかったので、やってみました。
するとZZガンダムが使えるようになりました。
これだったのか・・・

ZZガンダムを使うと、アーケードモードでお任せを選ぶと連邦・エゥーゴ側ではジュドーが使えるようになり、ジュドーでクリアするとプルがでてきます。
同様にジオン・ティターンズ側にはハマーン・カーンが選択できるようになります。

しかし、コレクションモードのキャラクターの枠はまだ3つ空いています。
どうやれば埋まるんでしょうかね。
もうちょっと調べてみます。


機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム
機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム
バンダイ 2004-12-09
売り上げランキング : 1,616

おすすめ平均 star
star飽きる→やりたくなる→やり込む→以下ループ
starZ世代ですが
starむしろ今までプレイしていない人の方にはいいかも?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遥かなり、大将への道【鋼鉄の咆哮3】

鋼鉄の咆哮3で、エクストラステージに当たるエリアLに行くには、クリアしたデータで大将まで昇進しないといけないそうです。

このゲームでは、敵艦を沈めると戦功がたまり、一定以上になると昇進します。
現在の階級は少将です。
ようやく戦艦4隻を指揮できるかな?というぐらいの地位まで来ました。

でも、実際には少将が戦艦4隻を指揮した例は無く、通常戦艦2隻で構成される戦隊の指揮官までです。
レイテ海戦では第一戦隊が大和、武蔵、長門と戦艦3隻の編成を取りましたが、司令官だった宇垣纏は中将だったような気が・・・

さて、話はずいぶんそれましたが、とにかく戦功ポイントをためないといけないのです。
大佐になったときは戦功が1千万点でした。
少将になったときは4千万でした。
このペースでいくと中将は1億6千万?大将は6億4千万?w

現在は6千万ちょっとです。
ちょっと遠すぎるんですけどw


鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
鋼鉄の咆哮 3 ~ウォーシップコマンダー~
コーエー 2004-07-02
売り上げランキング : 1,323

おすすめ平均 star
starよい。
star軍艦シューティング
star鋼鉄3の特徴について

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Cion at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

独立でクリア【鋼鉄の咆哮3】

鋼鉄の咆哮3、独立ルートでクリアしました。
独立ルートと言うのは、このゲームは第二次世界大戦を舞台にしていますが、自国は連合、枢軸のどちらにも属さない勢力としてスタートします。

途中シナリオの分岐により、連合軍に致命的なダメージを与えれば連合国が降伏に近い形で同盟を求めてき、連合ルートに進みます。
逆に枢軸軍に致命的なダメージを与えれば枢軸ルートに入ります。

今回はどちらにも属さない状態でクリアしました。
どのルートでもラスボスの前に出てくる超兵器にどうしても勝てず、誘惑に負けてEasyモードでクリアしてしまいましたw

エンディングが終わり、これでエクストラステージのLエリアに行ける!と思ったらまた最終ステージからやり直しになりました。
もしかして、Easyではクリアしたことにならないんでしょうかね?

ただ、クリアした時の報酬は入っているようなので、ここを何周かして技術力を上げればNormalでもクリアできるかもしれません。
もうちょっとがんばってみます。


posted by Cion at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更真・三國無双BB

昨日、真・三國無双BBの発表がありました。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0603/09/news082.html

真・三國無双のオンライン版なわけで、製作発表がされたのがずいぶん前の話です。
このゲームの肝は、プロバイダとメーカーが一体になっている点で、BBとついているところで予想がつくと思うのですが、プロバイダはYahooBB限定です。

このゲームのためにYahooBBに加入し、てぐすねを引いて待っていたのに数年間音沙汰なし。
ついに昨年別のキャリアに乗り換えたばかりでした。
それを今更・・・

でも、正直乗り換えて分かったのですが、YahooBBの値段と品質には疑問があります。
あの回線は安かろう悪かろうの回線です(もはや安くないけど)
ただし、通常のインターネットやメールをするだけには全く問題ない水準には達していますが。

今更このゲームのために回線をYahooに戻すのもなぁというのが正直なところです。
すごく期待していたのに、残念です。

まあ、多分コーエーのオンラインは全部こけているので、YahooBB限定という壁は早々に崩れるとは思いますがw
これだけのオンラインゲーム競争時代にプロバイダ限定なんてはっきり言って何を考えているのかと。
自らチャンスを逃しているような気がするんですけどね。
posted by Cion at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ウイルスメールにご注意を

先日、ウイルスメールが何件か来るようになったと記事に書きましたが、その後も収まる様子も無く毎日来ます。
最近は3〜4件ぐらいのペースですかね?

今までこんなことは無かったので、これは怪しいとなと思い、念のためメインマシンのフルスキャンを行いました。

書くのをすっかり忘れていましたが、メインマシンはWindows XP x64 Editionが入っているため、ノートン先生をインストールできず、東欧の会社のフリーのアンチウイルスソフトを使っています。
このアンチウイルスソフトもきっちり発見してくれるので、まあ信用できるとして、念のためトレンドマイクロのオンラインスキャンをかけました。

皆さんご存知かと思いますが、トレンドマイクロはサイト上にフリーでウイルス感染をチェックしてくれるツールを置いています。

http://housecall.antivirus.com/housecall/start_jp.asp

早速かけてみると・・・500GBのストレージにいっぱいいっぱいのメインマシン、すんなりと終わりませんorz
おかげで午前中はメインマシンでの作業ができず、他のマシンも全てエンコード中だったので、PC群が全て使えないという珍しい事態に陥っていましたw

さっきようやく終わったところ、やっぱりいました。
HTML_NETSKY.Pというやつです。
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=HTML_Netsky.P

トレンドマイクロ社によると、危険は無いとの事で一安心です。
しかし、駆除は不可能との事。
メールの添付ファイルを一つ一つ洗っていって手動で削除するしかないんでしょうかね?

しかし、このウイルスの親玉であるWORM_NETSKY.Pが蔓延しているっぽいですね。
皆さんもご注意を。
posted by Cion at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

FF11関連の記事を削除しました

FF11関連の記事を削除しました。
移転先はこちらです。

CionのFF11ソロでまったりプレイ日記

一部コメントが移動できませんが、比較的新しい記事(半年以内)のものは移転できたので、思い切ってこのサイトからは削除しました。

もちろん、移転できなかった記事はバックアップをとってあるので、いつでも復活させられます。

これで、1テーマ1ブログ計画が一歩前進しました。
次はPC日記とスポーツを独立させたいのですが、その前にMovableTypaのカスタマイズの勉強です。
最終的にはこの「サブカルチャーへの挑戦」は解体予定です。

でも、「サブカルチャーへの挑戦」というテーマは変わっていないので、私のサイト群のトップページにはその名前をつけると思います。
トップページなんて全然重要視しておらず、個々のブログの方が大事なので、形だけになりますけどねw
posted by Cion at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

久保田と藤川

ワールドベースボールクラシックの代表チームのアメリカでの練習試合、どこか放送しないかとネットをさまよっていると、Wikipediaにある選手一覧のページに行き着いてしまいました。
なんとなく久保田と藤川をチェック。

えと、私の阪神ファン歴が短いので知らなかっただけかもしれませんが、両投手とも一癖も二癖もある経歴を持っていますね。

まずは、久保田。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%94%B0%E6%99%BA%E4%B9%8B

久保田ってキャッチャー出身だったのですね。
3年次に甲子園に出場した際もキャッチャーで出場。
でも、ピンチになるとマスクとレガースを脱ぎ捨ててマウンドに登るって、そりゃ見ている人間誰もが目を疑いますよねw

本人は先発をやりたいといつも口にしているようですが、やっぱり久保田はクローザーが似合うと思います。
結構ピンチになることがありますけど、何とか乗り切りますからね。

昨年の9月7日の中日戦の9回裏、一死満塁のピンチからクリーンナップを2者連続三振に切って捨てるなど、とにかくインパクトの強い試合が多いですよね。
正直私はウッズに打順が回るのでもうだめだと思ってましたw

Wikipediaによると、それには理由があって、ピンチになると投球スタイルがクイックになって、クイックスタイルの久保田は激しく打ちにくい投手に化けるようです。
テレビで野球を見る回数が少なかった私にはよくわかりませんけどねw


次に藤川
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B7%9D%E7%90%83%E5%85%90

球児という名前が本名なのか、正直疑っていましたw
でも、どうやら本名みたいです。

藤川が生まれた日に丁度父親が草野球でノーヒットノーランを達成し、それで球児と名づけられたらしいです。
藤川の父親の証言は取れていないので果たして本当かどうかはわかりませんが、父親も野球好き、兄にいたってはピッチャー藤川球児、キャッチャー藤川順一(兄)でバッテリーを組んで甲子園にでたとか。
まさしく野球一家、あれだけの怪物っぷりも納得ですね。

去年も清原のチン○○事件など、大いに話題を提供してくれましたが、私が本格的に阪神戦を見出したのは8月から。
間に合いませんでした。
残念です。

JFKという呼び名の登場も意外と遅く、2005年7月18日だそうですね。
確かに、8月上旬ごろの試合では「なにわのJFK」とアナウンサーが言っていました。
いつの間にか単にJFKと呼ばれるようになりましたけどね。

WBCの藤川を見ていると、モーションを変えているせいか、時期的な問題か140キロ台中盤までしか出しかだしていません。
今年もシーズンに入れば去年のような150キロオーバーのストレートをガンガン投げてくれるのでしょうか。
それも楽しみです。

で、肝心の日本代表チームの練習試合日程は今だわからずです。
なにやってるんだ、私orz
posted by Cion at 20:01| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

コメントの移動ができない

先日、FF11関連の記事を独立させたblogを作成しました。

記事に関しては、Seesaaのエクスポートがまともに使えず、外部のMovableTypeへの変換ツールを使って新ブログに記事をインポートしました。
しかし、そのツールには弱点があって、コメント、トラックバックはついてこないのです。

仕方ないので、またコメントを手で移動しようとしたところ、新blogの方ではできたりできなかったり。
ある記事にコメントをつけようとして、コメント欄をクリックすると別の記事に飛んでしまうんですよね。

これってかなり重大なバグのような?
それとも私の設定ミス?インポートの失敗?
原因が広範囲にわたっているので今のところ私の技術力では特定できません。

一応、新blogのトップページに表示されている記事には正しくコメントできるので、そこだけ移しましたが、後はどうしましょう。
せっかく頂いたコメントを消してしまうのは心が痛みますし。

Seesaa内に非公開のバックアップ用blogを設置してそこにコメントを残しておきましょうか。
しかし、Seesaaの仕様として、3ヶ月間放置すると、そのブログは消えてしまいます。
3ヶ月毎のメンテを忘れると大惨事になるわけで・・・

と書いているうちに、Seesaaのエクスポートを使ってバックアップを取ればいいのではないかと思いつきました。
バックアップを取っておけば、万が一メンテをし忘れても復活できますからね。

それにしても、blogのお引越し、予想以上に大変です。
これでCSSをいじったり、デザインを決めたり、カウンターなどを埋め込んだりするのは激しく大変な作業のような気がしてきましたw

でも、MovableTypeはSeesaaより圧倒的に軽いし、カスタマイズも事実上無限です。
だから、運用としては今後はMovableTypeに移していくのがいいのかなと思っています。
posted by Cion at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。