2005年04月30日

ガンダムSEED DESTINY 28話【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】

ルナマリア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヽ(;´Д`)ノ

ネタばれありです( TДT)











「残る命散る命」と不穏なタイトルですが、予想外の人物が死にました。
ちょっとびっくりですね。

さて、不本意ながらミネルバと戦端を開くオーブ軍。それを止めに再度アークエンジェルが介入します。
前回はまだ迷いがあったカガリも今回は確信があります。
キラにはもっとつよい信念がありました。

ついにキラとアスランは激突します。
ザフト軍に属しながら、戦うことに迷いを持ってしまったアスラン。
キラの敵ではありませんでした。
セイバー対フリーダムなら、圧倒的にセイバー有利なはずなんですけどね。

今回の見せ場はオーブ軍の戦いでした。
不本意ながら戦闘に参加するオーブ軍。
しかし、地球軍側につくことは国が決めたことでした。
否応なく戦わざるをえません。
それに逆らうには、自らの死しかありませんでした。

そして、国が過った罪は誰かが償わなくてはいけませんでした。
それを一身に背負ったトダカ。一世一代の見せ場でしたね。

一方、ミネルバを救うためバーサーカーと化したシン。
彼はいまだ戦う意味を見つけられず強大な力を持ってしまいました。
非常に危ういですね。
今後、彼は何を体験し、何を得るのでしょう。そしてその代償は・・・

まあ、予想はつくわけですがねw

私的に最大限の関心ごと、ルナマリアの容態が気にかかります。
たぶん、助かると思いますけどorz


posted by Cion at 19:27| Comment(24) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

ガンダムSEED DESTINY 24〜27話【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】

今日もがんがってみますよーヽ(`Д´)ノ

ネタばれありです。















24話

アスランとキラの再開が果たされました。
プラント陣営に所属し、プラントの正義を信じるアスラン。
ラクスがコーディネーターに襲われ、プラントの正義を疑うキラ。
二人の思いはずれていました。

ラクス暗殺未遂の事実を知ったアスランはどう動くのでしょう。
そして、アスランをつけていたルナマリアもその事実を知ってしまいます。

ルナマリア、今後どう動くんでしょうね。
アスランはミネルバを離れそうな雰囲気ですが、一緒に離れるのでしょうか。
それとも疑念を抱きつつも残るのでしょうか。
いずれにせよ、ルナマリアには迷いが生じるでしょう。
それが戦場で悪い結果をもたらさなければいいですが・・・


25話

オープニングが変わりました。
ネオ、思いっきりマスク取ってますww
オープニングでネタばれしすぎですよねw
そしてついにドムの姿も・・・w(青いグフもいましたねw)

戦う目的は同じなのに平行線をたどるアスランとキラ。
結局二人はそのまま袂を分かってしまいます。

シンとレイが見たものは、あのSEEDからいた強化人間?っぽいキャラたちの実験施設でした。
そこでレイが異常な反応を示すということは・・・?
オープニングを見ると、レイとネオの関係が示唆されていますね。
クルーゼのようにレイもまたクローンなのでしょうか?

その施設がザフトに接収されたことを知ったステラ。
施設に母親がいると思い込み、単身出撃してしまいます。
しかし、シンとアスランに撃墜され・・・
二人は再会を果たすのでした。
「お母さん」「守る」というキーワードから、シンとの出会いを思い出したかのようなステラ。
どうなるんでしょう。

ほんっとパターンを踏襲してますよねw
分かりやすくていいのですがw


ここまで見ておいて、寝てしまいました(/ω\)
ほぼ、本放送に追いついたので、雑誌でおさらいです。
いままでネタばれが怖くて記事飛ばして読んでたんですね。
大体登場人物の内面を探っていて、ストーリーに関することはあまり書いてありませんでしたけど。
あと、ちょっとだけ新モビルスーツのことも書いてありました。
最大の問題、ドムの事は書いてませんでしたけどねw


26話
シンとステラの再会です。
ステラはやはりシンの事を覚えてませんでしたね。
しかし、突然思い出した様子。

一方、ネオのほうではステラを損失とみなし、仲間から記憶を奪います。
これでステラには帰るところがなくなりました。
でも、地球軍の新モビルスーツ、ステラ用のような気がするんですよね・・・
どうにかして、地球軍に戻ってしまうような気がします。
ってか、戻らないと話が進まないかw

そしてついにラクスも動きます。
プラントの情報を探るために宇宙へ。
って、やり方が大胆すぎですよねw
もう本物だってばれてるしw
それとも強引に偽者の振りをするんですかねぇ。

護衛のバルドフェルト隊長の怪しい関西弁も素敵でしたw
バルドフェルト隊長、ラクスについていったことが運のつきのような気がするんですけどねぇw
エンディングでアークエンジェルのメンバーが描かれているところに出てきませんしw
でも、バルドフェルト隊長用のモビルスーツらしきものもあるんですよね。
バルドフェルト隊長、がんばって生き残って欲しいな。

あ、そうそう、イザークとディアッカ、3期のオープニングに出てきませんでしたね。
ついにお払い箱でしょうかww


27話
再びオーブとミネルバの戦闘が始まります。
地球軍の中でも、ネオと上層部の間でなにやら不協和音が感じられますが・・・

ネオはステラの損失を単純に悲しんでいるようにも見えます。
ネオの正体はまあ、確実なわけですが、なぜ地球軍に、しかも強化人間(名称が出てきたけど、忘れましたw)の指揮をしているのでしょうか。

アスランは迷いながらもミネルバにとどまるようですね。
そして、混乱を深めるルナマリア。

28話のタイトルが「残る命散る命」と不穏なんですよね・・・
ルナマリア、死なないといいな(またかw
ルナマリアは単純な軍人から、戦争をより高みから見られるように成長しつつあるように思えます。
このままアスランと行動をともにして生き残って欲しいですね。


これで、放送分は完了ですヽ(´ー`)ノ
がんばったーw
続きは明日なのですが、それ以降は一週間おきです。
我慢できるかな?w
posted by Cion at 13:40| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

今日こそはヽ(`Д´)ノ【大航海時代Online】

昨日立てた目標

・キャラベル受領
・オスロの航路開拓クエ
・コペンハーゲンとリューベックで琥珀、銀、銀細工買占め
・冒険者転職クエを受けてリスボンへ
・セビリアに行って売却、うはうは
・ジブラルタル海峡で海戦のイベントをこなす

結果:すべて未達成orz

というか、交易品を買う元手があまりに足りないという不具合が発生しました(´Д⊂

がんがってクエこなそうかな。それともまったりアニメでも・・・(´・ω・`)
posted by Cion at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | MMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンダムSEED DESTINY 23話まで【起動戦士ガンダムSEED DESTINY】

ガンダムSEED DISTINY、本日のノルマ、23話まで見ました(´∀`)
今日は結構元気なので、まだ見れるかも。

さて、ネタばれありです。











いよいよネオが動き出しましたね。
ステラの記憶もあっさり消されてしまい、また戦闘マシーンと化してしまいました。
まるでZガンダムのフォウ・ムラサメみたいですね。
同じパターンで記憶を取り戻すも死んでしまうのでしょうか・・・

大西洋同盟と同盟を結んだオーブも戦闘に参加します。
登場する国では唯一ナチュラルとコーディネーターの共生を認めていた国がナチュラル側についてしまいました。
オーブの動きはこの作品の中でも重要なポイントになるのは間違いありません。

そして、ついにアークエンジェルも動きます。
オーブ軍の戦闘を阻止するために。
しかし、司令官の首長(名前知らないw)はカガリの訴えを退け戦闘を続行します。
力で止める事を決意するキラ。
あいかわらず、フリーダムはインチキ臭い強さでしたねw

それにしても、ザフト軍のモビルスーツ、ザクに続いてグフまで登場しました。
色こそ違うものの、両肩のスパイクアーマー、ヒートロッドとバルカン装備、盾をもち、ヒートサーベルもあるとまさにグフそのものですw
そしてついにあの台詞まで登場しましたww

ザクとは違うのだよ! ザクとは!

やっぱこれがないとw
その直後にハイネはやられてしまうわけですが(´・ω・`)
何しに出てきたんでしょうね、このキャラ。
私は、アスランがミネルバから離脱する伏線だと思ってたんですけどね。
アスランの代わりにミネルバのモビルスーツ隊を指揮するハイネ。
しかし、デュランダル議長の息がたっぷりとかかっている彼は、重要な局面でついに裏切る!
という展開を予想していたのですが。
これだけ登場期間が短いと、その死によって何かを学ぶことすらできませんでしたね。
もしかして、声が不評だったのかしら??w
posted by Cion at 13:50| Comment(11) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

ガンダムSEED DESTINY 21話まで【起動戦士ガンダムSEED DESTINY】

ガンダムSEED DESTINY、21話まで見ましたーヽ(´ー`)ノ
1日2話とゆっくりペースなのですがorz

感想は・・・展開おそw
とにかく、回想が多いですね。回想だけの話がすでに2回ぐらいあったような・・・?w
おかげで9話までみて、数ヶ月放置してたにもかかわらず内容はばっちりですw
前作SEEDの回想までありましたしねw
SEEDはキッズステーションで何回も見てるのでばっちりですがw

うっかりすると、DESTINYからの登場人物を忘れてしまいがちなほどSEEDの登場人物ががんばっています。
DEISTINYからの登場人物が全くでてこない回も多いですしねw
ここ数話でようやくミネルバの行動が描かれています。
でも中心なのはアスランなわけですがw

今のところ、SEEDの続編というより後編な感じがします。
前作では一応戦争は終結したものの、本質的なコーディネーターとナチュラルの対立は解決してませんからね。
でも、これって宗教闘争と似ていて、相手を完全否定してしまうわけですから、解決は難しいですよね。
どうやっておとすのでしょうか。

で、21話にしてようやく本作品のキモと思われるシンとステラの出会いがありました。
今までのシリーズだと半々ぐらいの確率で主人公は悲恋に終わっています。
今回はどうなるのでしょうか。
個人的には、ステラってあんまり魅力的なキャラじゃないので、どうでもいいのですがw
なんだか、ぼんやりしてるし、台詞も棒読みだし。つかみ所がないんですよね。
てか、登場回数少なすぎw

それよりも死んで欲しくないのがルナマリア。
アスランにあこがれていて、アスランと偽ラクスとの関係に嫉妬したりして。かわいいじゃないですかw
でも、ガンダムシリーズって親しい人の死を乗り越えて主人公が成長するというパターンが多用されています。
それが今回も当てはまるとすると・・・SEEDからの登場人物は死なないと思います。レイはデュランダル議長との伏線があるので、そう易々とは死なないでしょう。すると、残るのはルナマリアです。殺しやすそうです;;
死なないといいな(´Д⊂

とにかく、あと6話で放送に追いつきます。
がんがって追いつくぞーヽ(´ー`)ノ
だって、
デュランダル議長って怪しいよね! とか ネオの正体は彼だよね! とか話したいじゃないですか。
あれ、誰も乗ってくれない? 
orz
posted by Cion at 18:48| Comment(16) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラベル発注【大航海時代Online】

オスロで木材を仕入れて、ロンドンで売りさばくと結構な利益になります。
というわけで、一昨日オスロで仕入れた木材を早速バザーです。
順調に売れて言ったのですが、なぜか中途半端に買う人がいて、一本余ってしまいましたorz
それを交易所で売り払って、持ち金を見てみると・・・175000Dもあるではありませんか!!

前から欲しい欲しいと思っていたキャラベル、冒険者レベルも9になり乗れるようになりました。
さっそく某海賊みれいさんに造船依頼です!
ところが、丁度これから東地中海に行くとの事w
引渡しが明日ならいいよーって言ってくれたので、急ぐわけでもないので、依頼です。

でも、よくよく考えたら、175000-171000って、4000です。
船員雇えないジャマイカorz

というわけで、クエをひょろひょろっとこなし、1万Dぐらい稼ぎました。
丁度クエでオスロの航路開拓が出たので、明日キャラベルができたら行って見ようと思い、冒険者ギルドに引きこもりましたw

地中海に行ってきますと言っていたルーさんがとんでもないところに行ってたりと、楽しくチャットをして、11時をまわったので落ちました。


今日の予定。

・キャラベル受領
・オスロの航路開拓クエ
・コペンハーゲンとリューベックで琥珀、銀、銀細工買占め
・冒険者転職クエを受けてリスボンへ
・セビリアに行って売却、うはうは
・ジブラルタル海峡で海戦のイベントをこなす

どこまでできるかな??w
posted by Cion at 16:14| Comment(8) | TrackBack(0) | MMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

勝ち星2ヽ(`Д´)ノ

今日の巨人-ヤクルトをなんとなく見ていると例によって辞められなくなりましたw
ヤクルトの2番、青木はうちの大学出身なんですよね。密かに応援しています。

2002年、2003年の春秋と4連覇したその時のメンバーの一人です。
2002年は現ソフトバンクの和田がいて、ピッチャーで優勝したような印象でした。
2003年は和田が卒業し、打線でもぎ取った優勝でした。
その時のオーダーが次の通りです。

田中(現ヤクルト)
青木(現ヤクルト)
鳥谷(現阪神)
比嘉(現広島)
武内(現役)
由田(現オリックス)
日替わりw
キャッチャー
ピッチャー

後にプロ野球選手になる者が5人もいるという怪物打線です。
アマチュアでこの戦力はいんちきですよねw

さてさて、そんな大学野球ですが、先週(実際は今日までですが)で第3週を迎え、我が校は2回戦を迎えました。
相手は中堅のH大学。
これは勝たないといけません。
土曜日はエース同士の投げあいで勝利。
続く日曜日は引き分けでした。
二人目のピッチャーが苦しい我が校としては、ラッキーな引き分けですね。
しかし、月曜日、再びエース同士の投げあいで敗戦。
一気に苦しくなります。

再び2番手で行くのかと思ったのですが、なんといつもはリリーフをしている投手が先発。
スタミナが心配されますが、運で拾った一点を守り抜き、なんと完封勝利!!
こんなに調子いいなら最初から使えよと突っ込みたくなりますが、まあ良しとしましょうw
観に行ってたら、もう緊張しまくりでしょうねw

そんなわけで、勝ち点が2になり、勝ち点2が2校、勝率の関係でうちが2位となりました。

さて、その裏では優勝候補K大学と強豪M大学の対戦が行われていました。
K大学が2勝1敗で勝ち点を取っています。
このM大学とは5月中旬、K大学とは5月最終週に対戦します。
まずはM大学に勝利しないと優勝の可能性がほとんどなくなります。
また目が放せませんね!

5月最終週には応援のために上京する予定ですw 
今度はぐだぐだにならないようがんばらないとww
posted by Cion at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引きこもり脱出【大航海時代Online】

最近ロンドンに定住しているCionです。こんにちは。
冒険者ギルドの奥のイスがお気に入りで、座ったままテレビを見ていると、2回も強制切断されました(/ω\)

やることといえば、たまにチャット、後は散歩ぐらいです。
フレリストを眺めてると、みれいさんとショウさんがロンドンiに戻っていたので、散歩がてら探しに行きました。
【海賊】【見つけました】
あっさりと見つかりましたw どうもバザーをしている様子。
そこに見知らぬ方が登場。
ショウさんのFF時代のフレだそうです。
って、まだ引退してないかww
仮にRさんとしておきます。

しばらくお話して、オスロまで行くかーということになりました。
ロンドンを出るのは何日ぶりでしょうかw
そしたらショウさんが、

やつもくるよw

どうやら、またブロガーが降臨したようですw
FFで少し遊んだことのあるSさんでしたw
ってか、Sさんハゲだよww

オスロ行くついでにクロテン探索のクエもやろうということになり、みんなで冒険者ギルドへ。
報酬22000って、今の私にはウマーなクエです^^

で、出航です。
出航するなりSさんはぐれて行方不明になりましたw
合流してしばらく航海していると、今度はRさんにサメが・・・
サメってはじめてみましたよ((((゜Д゜;))))
そしてさらにしばらくすると嵐が・・・
嵐が来ると、帆をたたまないと、船体に大ダメージを受けます。
みんな帆をたたむのですが、Sさんだけどうもたたまずにいたようで、流されていきます。
しばらくして、嵐は収まったのですが、Sさんはどうも沈没した様子・・・

捜索に行くと突然赤ネームの艦隊が出現するではありませんかw
どうもみれいさんが海賊の蹴撃を受けたようですww
何とか逃げ切るものの、物資が乏しくなってきたのでエディンバラに入航です。
密かにエディンバラを発見しましたw
ここで、釣りなどをしつつSさんと合流待ちです。
暇なので、2500Dの釣竿を買って釣りをしてみました。
自動で何匹も釣ってくれるんですね。しかもその場で換金してくれます。FFもみならえyp!ヽ(`Д´)ノ
まあ、出航した直後に折れたわけですが・・・

さて、話は前後しますが、仁奈さんにSさんが来たことを伝いえようと、ノートでFFにログインしました。

私 海で待ってます^^^^^^^^^
仁奈さん 無料期間終わりました^^^^^^^^
私 アップグレードするのです
仁奈さん えぇ〜
私 なんのために働いているのですか!('Д')
仁奈さん 今日【裏】だし
私 あうw

と、多分こんな感じで会話をしていましたw 多少脚色があるかもしれません。
それでもしばらくすると

仁奈さん ノートでログオンしたよ

ちゃんと来てくれましたヽ(´ー`)ノ
さすがリアルお金持ち(予想)は違いますね!

そして何とかオスロに到着。
やっぱりオスロは怖いところですねw
木材を満載して今度は南の上陸地点を目指します。

いざ上陸し、クロテン探しです。
まあ、ショウさんについて言っただけですが。
比較的あっさり見つかり、さらに入り口に自動的に戻れるというマジックアイテム、リボンをもらってさっくり戻れました。
帰り道はたいしたこともなく、ロンドンへ。

丁度、みれいさんに木材クエが発生したようなので、みんなで受けました。木材5で20000Dぐらいゲットです。ウマーヽ(´ー`)ノ ついでに交易名声も18ゲット。もう一回やれば交易クエが受けられます。

仁奈さんと合流し、しばらくお話です。
とおもったら、Sさんの反応がなくなりましたw

FFの方でフレリストを見ると、仁奈さんが同エリアにいました。なので、早速みんなに報告し、ご挨拶に。
つついたり、たたいたりしたのは内緒でつww
みれいさんもやってきましたw ショウさんもログオンしたようですが、遠くにいたようなので断念してましたw

そんな事をやりつつ、RさんとSさんにフレンド登録をしてもらい、落ちました。
posted by Cion at 09:26| Comment(8) | TrackBack(0) | MMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

シーラ・ラパーナ【聖戦士ダンバイン】

古いビデオを整理していると、聖戦士ダンバインが出てきました。懐かしいので最終話だけ見てみました。
最終話だけあって、盛り上がりまくってますが、その中でもシーラ・ラパーナは主人公のショウを食うほどの活躍をみせてますね。

私はこのシーラ・ラパーナが大好きです。
意志が強くて、はっきり物を言い、大変賢い女性ですね。

何者かというと、異世界バイストン・ウェルにあるナの国の女王で、強力なオーラ力を持っています。
物語最後には自らのオーラ力を解放し、地上に出現してしまった人々をバイストン・ウェルに導きます(死という形をとってですが・・・ バイストン・ウェルとは死んだ人が転生する異世界なのです)

懐かしくなったので、シーラの登場する27話、「赤い嵐の女王」も見てみました。
登場するなり
「あなたがショウ・ザマか? アの国に降り立った地上人か?」
と高飛車に言い放ちますw いいですねw
思わず敬語で答えてしまうショウ。
まだこのでは女王だと明かしていませんけどね。

いろいろあって、嵐の玉から脱出することに成功する二人ですが、戻ってくるなりショウに向かってお説教ですw

「あなたは戦いを楽しんでいるのではないですか?」
「あなたは甘い」

などと、炸裂しますw
まだ戦う意味を明確にできないショウにとってはいたい言葉だったでしょう。
でも、それはショウがバイストン・ウェルを救う聖戦士だと認めての苦言でした。

とても17歳の女の子の言動だとは思えませんw
おそらく、小さなころから相当帝王学を叩き込まれてきたのでしょう。

思えば、とても不幸な人でもあります。
若くして一国の女王となり、その国を掌握しなくてはいけませんでした。
心を許せるのは二人のフェラリオ(妖精みたいなもの)のみ。
しかも、バイストン・ウェルにはドレイクのもたらした戦乱が拡大していきます。
その対応も迫られ軍の総司令官も兼ねさせられます。
大変な苦労だったでしょう。
そして、密かに思いを寄せていたショウにも、女王という立場ゆえ、思いを明かすこともできません。
(ショウは別に好きな人がいたりしますが)
そして、最後は自らの死によって地上に出たオーラ兵器を消し去り、バイストン・ウェル人をバイストン・ウェルに還します。
わずか17年の生涯。好きな人に好きとも言えず、ひたすらバイストン・ウェルのために尽くした人です。
かわいそうじゃないですか。

そういえば、ダンバインの次に放送したエルガイムに出てくるガウ・ハ・レッシィも好きですね。
もしかして、女王様タイプがすきなのかしら??w
(レッシィは女王ではありませんけどw)

ダンバインを見たり、そんな事を思ったりしてるうちに、日曜日が過ぎていきましたとさorz
posted by Cion at 17:25| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

ジパング

ジパング既刊の18巻まで読破しました。
ここ3日ぐらいで10冊も読みましたヽ(´ー`)ノ
って、一日3.3冊かorz
この辺が今の私の限界っぽいですw

さて、内容ですが、なんだかそこら辺にある仮想戦記物みたいになってきたのが気にかかりますw
草加の大暴れっぷりが目立ちます。
日本が原爆持っちゃうしw
石原莞爾と毛沢東が会っちゃうしw
未来の歴史を知っているという強みを存分に発揮しちゃいます。
いつの間にか滝参謀も理解者になっちゃいましたしね。

未来の情報を持ってて、ほぼ無敵に近い戦力を持ってるみらいの方には次々と死者、負傷者が出てきます。
梅津艦長の退艦以後は艦内に軍に協力すべきという派閥が生まれ、角松二佐も艦を降ります。
ついにみらいも海軍の一翼を担うことに。

そしてインド洋方面作戦が展開されます。
緒戦は圧勝するも、2つ目の拠点攻撃には失敗、空母一隻を失います。
インドを攻撃し、イギリスを追い詰める。
中国共産党と連携をすることにより、国民党中国を危機に陥れる。
それらの条件がそろったとき、同盟国のアメリカは艦隊を出さずにはいられなくなり、そこで艦隊決戦に持ち込む・・・
いかにも頭の冴える参謀が考えそうな作戦ですねw
確かに史実ではアメリカ海軍の大反撃は1944年からです。
作中は1943年ですからアメリカ艦隊に勝つ見込みもあるでしょう。
果たしてその作戦はうまく行くのか・・・
というところで終わりました。

今のままでは、まさしく草加拓海の思う通り、帝国主義日本が戦争に勝ってしまいます。
それを阻止すべく角松は米内光政に接触します。
梅津艦長は、原爆製造を阻止するために中国にわたります。
しかし、今のままではまだ個人レベルの力しかありません。
やはり、みらいの力が必要になります。
みらいにどうやってもどるのか。
そして、戦争の落としどころはどこなのか。

これから、また大きくストーリーが動くと思われます。
これから先の展開が楽しみですね。
posted by Cion at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ジパング

実は結構前に観終わっていたのですが、なかなか書く内容がまとまらずにずるずると引きずっていましたw

ジパング。
マンガは前々から知っていて、連載されているのを立ち読みで読んでいたのですが、この機会に単行本で読み直しています。
丁度アニメが終わるぐらいのところまで読みました。

内容は、自衛隊のイージス艦みらいが突如タイムスリップし、昭和17年、太平洋戦争ただ中の時代に出現するところから始まります。
時はまさにミッドウェー海戦。歴史の教科書にも載っている有名な海戦が行われているところです。
そこで撃墜された飛行機から一人の士官を救出します。
その士官はみらいにある未来の歴史を知り、その歴史を変えようと企みます。
一方みらいは戦後日本の平和憲法を遵守し、戦争介入を断固拒否、人命救助のみを行おうとします。
しかし、状況はそれを許さず、みらいは戦争に巻き込まれ、そしてその力と情報を利用されるようになります。
そしてついにアメリカ軍から直接攻撃を受け、戦わざるを得ない状態に巻き込まれていきます。

まず、不真面目な批評をw
なんといっても、かっこいい! ミッドウェー海戦の回はもう見たくありませんが、戦艦大和が動いている映像、第一次ソロモン海戦、そして航空機の戦闘! 実にリアルに描かれています。
さすが海上自衛隊が協力しているだけはありますねw

そして、出てくる人物がまた魅力的です。山本五十六、石原莞爾、米内光政など、これまた歴史の教科書に出てくるような超大物たちがごろごろ出てきます。それらの大物たちが未来を知りえたらどんな行動をとるでしょう。考えただけでぞくぞくしますねw 
そしてそれが描かれているのです。
これはたまりません!

さて、真面目にいきましょうw
まず見所なのが、当時の軍人の思想と現代の自衛官の理想、それがぶつかる様をまざまざと描いているところですね。
ほんの60年前まで・・・私たちの祖父の世代という実に身近なところにありながら、今日本の歴史教育では無視されている軍人をリアルに描いています。
救助された海軍士官、草加拓海ですが、実に狡猾にみらいの持ってる未来の情報(ややこしいですねw)を利用しようとします。
そして、そこには軍隊という力もあります。
それがそろったとき、恐るべき殺戮が繰り広げられようとします。
それに立ち向かうみらい。人命救助を最優先して譲りません。
その静かな戦闘が描かれています。

ストーリーは進み、アメリカ機動部隊に襲われるシーンでは、それまで貫いてきた専守防衛、戦争放棄が戦場においてはついに通用しなくなるさまが描かれます。
現実と思想の対立に葛藤する様が描かれます。

これらは実に見ごたえがありますね。


日本を含む東アジア諸国では、いまだに「戦後」という時代を生きています。
その直接的な原因となった太平洋戦争(実際はその前に満州事変、日中戦争があるわけですが)を描いた意欲作です。
架空戦記ものは、日本が突如正義に目覚めたり、わけの分からない超兵器がでてきたりするものが多いので好きじゃなかったんですよねw
戦いに勝つことを目指すのでなく、何のために戦い、勝った後どうするかまで踏み込んで(中には負けた後どうするかを考えてる人もいますがw)描いた作品って珍しいですよね。
それも、当時の軍人目と現代の自衛官の目という二つの視点で。
そういう意味でも、非常に面白い作品ですね。

さて、アニメシリーズでは横須賀に帰港するところまでが描かれています。
丁度いい区切りですね。
原作だと、この後満州、原爆と現代に至るまでタブーとされるような事に触れていきます。
多分続きのアニメ化はないだろうなぁと残念に思ったりしています。
アニメとマンガを読み比べてみると、アニメの方が間がいいんですよね。
考証もアニメの方がよくされていると思います。
そういう点でもアニメが終わってしまったのは残念ですね。

今回はネタばれなしです。方々でネタばれしていますが、ご愛嬌ということでw
まあ、まとまらないけど投稿しちゃえw
ぷち
posted by Cion at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦艦ナデシコ

機動戦艦ナデシコ、1年ぐらい前からちまちま見ていまして、ようやく全26話見終わりました。

感想は・・・

(´・ω・`)?

ですw
いったいこれはなんなのでしょうw ラブコメのような、戦争物のような・・・なんでしょうね?w
前半の方は遥か昔に見たので、遠い記憶の彼方に行ってしまっているということもあるでしょうがw

以下、ネタばれあります。









この作品、本当に分かりにくいんですよ。ナデシコの所属がネルガルから地球軍に移って、さらに独立勢力になったりして。最後はまたネルガルと手を組んでとw
キャラも多くて、なんのために登場したのか分からないキャラもいます。アオイ・シュンなんてその典型だと思います。
見た人でも誰だっけ?それw ってなると思いますw 私も名前は覚えられませんでしたw

アカツキの正体がネルガルの会長だったり、1話で出てきた女の子が実はあの人(名前失念!)だったり、死んだはずの提督がいきなり登場したり、唐突に火星に遺蹟が出現したりと、そんなのどっかで伏線張ってたっけ? という点が多々見られます。

ストーリー序盤は結構シリアスなのに途中からコメディになったり、最後にまたシリアスになりそうで、なったのか分からなかったりと中途半端さが目立ちますね。
ユリカとメグミの三角関係もうやむやになったような・・・?

26話ではなく、13話ぐらいでやった方がしっくり来るストーリーかもしれません。

って、ここまで書いて、ほとんど批判になってて、紹介になってませんねw
まあ、そんなこともあるということでw
posted by Cion at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CRT

私はナナオの21インチCRTを使っています。
1年ぐらい前から調子が悪く、画面に緑の線が出たり、発色が少しおかしくなっていたりしました。

まあ、線はよく見ないと見えないぐらいですし、発色は色を調整して騙し騙し使っていました。
でも、もうすぐ保障期間が終わるので、修理に出さないとと、重い腰を上げて修理に出しました。
保障期間は一応3年です。
一応とつくのはまた後ほど・・・

で、ナナオは修理中代替機を出してくれるのですが、これにつなぎかえるとものすごく画面がきれいΣ(゜д゜|||)
動画なんて色あせてたのがくっきり表示されます。
まあ、動画はテレビに出力するので関係ないのですがw

これは修理に出して正解かもーヽ(´ー`)ノ
と思っていたら、今日FAXが届きました。

FAXを要約すると・・・
見積。修理代は66255円だよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・('Д')

そうです、保障期間は3年なのですが、ブラウン管の故障だけ1年の保障なのです。
今回はブラウン管の経時劣化が原因みたいなので、工賃と部品代がかかるのです。

2年ぐらい使っただけでブラウン管が劣化するのかよーヽ(`Д´)ノ
と思ったりしますが、確かに1日中つけっぱなしであるのも事実です。
むむう。

6万も払うのなら、安いものを買ったほうがましかもと思い、調べてみましたが、いまどき21インチのCRTなんてどこも出してないんですね。
ナナオもいつの間にか撤退してしまっていたようです。

大体、安いので55000円ぐらい、、、1万円しか違わないなら、高性能なナナオ製の方がいいと思い(ナナオ製は入力系統が二つありますし。PCがいっぱいある私には結構重要)、修理することにしました。

ちなみに液晶は最初から考えてませんw 液晶って、目が疲れる気がするんですよね。それに、ゲームなど動きが多いものを多用するので、液晶は不向きなのです。

あうう、小遣い半年分がぶっとびました(´Д⊂
まあ、小遣いとは別枠から支出しますが。

そんな悲しい、一日の始まりなのでしたw
posted by Cion at 11:18| Comment(8) | TrackBack(0) | PC日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

なんとなく観てみると・・・

今日、阪神-巨人戦があるのは新聞で知っていました。

7時過ぎ、ちょっと様子を見ようとテレビをつけてみると、1-0で阪神がリードです。
鳥谷のタイムリーだそうです!

しかし、相手は巨人、一発があります。
目が放せないじゃないですかw

そしたら7回にビッグイニング到来! 打者一巡で一挙に7点です!
鳥谷はまたヒットを打ちました!
今度はどこまで点を取るか目が放せないじゃないですかw

またまた8回。ピッチャーが変わって連続フォアボール
1アウト満塁です、、、
ってタイムリー打たれました(´Д⊂
8-4になりました。

阪神にはウィリアムズがいるとはいえ、逆転圏内です(´Д⊂

いやー 野球って、何気なく観だしただけでやめられなくなりますねw

8:45
清原ナイス(´∀`)1アウト満塁から内野フライww
とおもったら直後にローズにタイムリーorz

9:08
9回裏、巨人の攻撃を久保田が3人で抑えて勝利ヽ(´ー`)ノ

いやー 新聞で結果だけ見たら楽勝じゃんって思うだろうけど、見てたおかげで7回表のお祭りと、8回裏の巨人のプレッシャーを感じることができました。
9回も3点差があるとはいえ、どきどきです。
いい試合でした。
観に行ってたら楽しかっただろうなーw
posted by Cion at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

アニメ三昧

今日は体調がよかったので、アニメをまとめてみることができました。

見たアニメは下記の通り

・お伽草子 14話〜19話 ついにアニマックスの放送に追いつきましたw
・ああっ女神さまっ 3話
・ギャラリーフェイク 3話、4話

1日で11本も見るなんて、快挙ですヽ(´ー`)ノ
おかげで大航海にインできませんでしたがw

さて、例によってネタばれありです。







お伽草子、すっかりはまっているわけですが、東京編もなかなか楽しいですね。
行方不明の兄、頼光を探す光は、兄が失踪して丁度1年たった日に兄の残した写真を見つけます。
それを手がかりに万世橋に行って見ると兄の姿が・・・
再会は謎の男(まあ、清明でしょうがw)に阻まれてしまいます。

そこで、東京の都市伝説を追いかけて行けば何か手がかり手に入るのではないかと、フリージャーナリストでオカルト専門の綱とともにあちこちに出かけます。

とうぜん空振りもあるわけですが、頼光の残した写真とぴたりとあう現象も出てきます。
新宿で洪水(水の勾玉?)、上野公園での火災(火の勾玉?)、渋谷の神社で賽銭が増える(金の勾玉?)と言った現象です。
そして、それらの場所には必ず謎の男が現れます。

今度は東京に陰陽五行の力が及ぼうとしているのでしょうか。
謎は深まるばかりです。

さて、最後に見た話は渋谷が舞台だったのですが、渋谷は以前勤めていたことがあって、なじみが深い町です。
渋谷の御嶽神社というところが舞台なのですが、会社のすぐそばで、毎年新年の挨拶に行っていましたw
東急のビルが取り壊されたりして、渋谷の町もずいぶん変わってきましたが、なつかしいですねぇ。
ちょっとうれしい一こまでした。
posted by Cion at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お伽草子補足

yutanさんのコメントが気になったので、源頼光について調べてみました。

その前に、一点訂正を。
金太郎は鎌倉時代の人だと書きましたが、実際は平安中期の人でした
金太郎の説話が作られたのが鎌倉時代だったので、ごっちゃにしていたようです。


さて、源頼光ですが、なんと実在の人物でした!
生没年も分かっていて、948年〜1021年の人です。
丁度平安京全盛のころですね。
藤原氏(ちょうど道長の頃)に仕え、清和源氏の嫡流です。
超名門じゃん!!

お伽草子では荒廃した平安京が描かれていますので、ちょっと時代が違いますね。

何をした人かと言うと鬼退治です。
この辺からちょっと伝承めいてきますねw
四天王と呼ばれる豪傑たち渡辺綱、碓井貞光、卜部季武、坂田金時(金太郎)とともに、鬼退治をします。
有名なのが土蜘蛛退治と、大江山での酒呑童子討伐です。

お伽草子に出てくる4人の仲間も実在の人物でした!
そして、土蜘蛛、酒呑童子も勾玉をもった敵として劇中に出てきます。
意外と史実にそった展開だったのですね。
まあ、劇中では卜部が女だったり、金太郎が子供のままだったりはしますが。


こうしてみると、童話金太郎のエピソードと重なってくる点がいくつもありますね。
童話金太郎は、山で育った力持ちの金太郎が、武士に見出され、鬼退治をして出世したという話です。

ここに出てくる武士が、渡辺綱です。綱の引き合わせで頼光の部下になった金太郎は、大江山で酒呑童子(鬼)を退治します。

きれいにつながりますね!w

こうやって調べてみると、ちょっと無理があるかなーと思うストーリーもすんなりつながりました。
いやー こんなところで勉強できるなんて、アニメっていいですねww
posted by Cion at 09:43| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

お伽草子

カテゴリを作りながらあまり更新していないアニメ・マンガですが、なんとかちょっとずつはみてます。

現在アニマックスで放送中のお伽草子、14話まで見ました。アニマックスでは18話まで進んでるので、一週間遅れですね。

簡単なストーリーなどを。
時は平安時代、源光(女の子です。頼光の妹)扮する源頼光と4人の仲間達、すなわち渡辺綱、碓井貞光、卜部、そして金太郎wとで都を救う力があるという勾玉を「集めの旅に出るという話です。
(実際は旅の途中で仲間達と出会うわけですが)

本来は鎌倉時代の人物である金太郎がなぜかいたり、源姓の武士(源という姓は天皇の子供が臣下になったときに与えられる姓です)がアゴで使われていたり、そもそもなぜ女の子が男装してるのと突っ込みどころ満載ではありますが、平安時代を舞台にし、また陰陽師などが登場するという珍しい作品です。
平安時代を選んだのは、陰陽師と勾玉を結びつけるためですね。
そのため、あんまり時代考証はされていないようです。
なので、歴史物としてみるとちょっとがっかりするかも。

以下はネタばれありです。









さて、さらにストーリーの続きを。
途中、兄の死を乗り越えたりしつつ、無事に勾玉を集めることに成功する光達ですが、実は勾玉は都を救うのではなく、都を滅ぼすために集められていたのです。
私は陰陽五行に詳しくないのでよく分かりませんでしたが、相克という滅びをもたらす順番で勾玉が集められてしまいます。

勾玉を集めさせたのは陰陽師である安部清明。
金太郎に続き、名のある人物の登場ですw
都を滅ぼそうとするのは安部清明の企みだったのです。
荒廃した都を滅ぼし、新たな都を作ろうと清明は考えました。

そして5つの勾玉を使い、都が滅ぼされていきます。
しかし、荒廃していても、都の人々が必死に生きていることを見てしまった光には、それを許すわけにはいきません。
仲間達と陰陽寮に乗り込みます。
しかし、仲間も一人倒れ、二人倒れ・・・結局清明の元にたどり着くのは光だけです。

そこで光が見たものは意外な清明の正体でした。
驚愕する光。私はてっきり清明の正体は兄だと思っていました。
しかし、都の破滅を何とか止めようとしますが、清明とともに勾玉に飲み込まれてしまいます。

そして、舞台は現代の東京に移ります。
転生した光と4人の仲間達。
現代に綱だとか貞光だとか金太郎という名前もどうかと思いますが、ばっちり同じ名前で出てきますw

5人が転生したということはきっと清明もいるのでしょう。
そして光は深夜の電車の中で行方不明になった兄、頼光の姿をみます。

清明は何をたくらんでいるのか? 兄の行方は? と話は盛り上がっていきます。


平安時代と現代と二つの時代、二つの登場人物(名前は一緒ですが)を使った意欲作だと思います。
登場人物もそんなに多くなく、うまく役割を割り振られていていい感じです。
ただ、平安編13話では、各キャラを掘り下げて表現しきれなかった部分がありますね。
なぜ光が男装しているのかなど、ほとんど触れられていません。
そして、なぜばれないのかもw

現代編も一話だけみましたが、なかなか伏線的な謎も多く出てきて楽しみですね。
平安編、現代編ともに始まりは光と綱が追われているなどと、おもわずにやりとするシーンもでてきます。、
山手線が昔は環状線じゃなかったなど、へぇーとなるネタも出てきたりしますw
posted by Cion at 17:53| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

開幕です

以前、野球は好きだけど、プロ野球にあまり興味がないとコメントで書きました。
では、なに野球が好きなのかというと、大学野球が好きなのです。

まあ、プロも人並みには見るんですけどねw
開幕してからほとんどの試合ちょっとずつでも見てますしw
昨日は阪神の鳥谷のタイムリーヒットがみれてほくほくでしたw

話がそれましたが、大学野球、実はそれなりに人気があったりします。
新聞を見るとプロ野球の脇にひっそりと結果が書いてあったりします。
戦後まもなくは、プロ野球より人気があったこともあったみたいです。

そんな大学野球の春季リーグが始まりました。
大学に入ってすぐの年に先輩に連れて行ってもらったのが始まりなので、もう10年以上になるでしょうか(ああ、歳がばれるw

大学野球にもちゃんと伝統の一戦があって、それを見るために球場がいっぱいになったりもします。
東京にいたころは毎シーズン必ず観に行っていました。
田舎に帰ってからも観に行ってるんですけどねw
多いときは、1シーズンで20試合ぐらい観たこともありますw
どれぐらいの頻度かというと、約2ヶ月間、土曜日曜は必ず球場に足を運ぶペースです。

レベルも高く、卒業後プロに行く選手も大勢います。
代表的なのは、高橋由(巨人・実は同期ですw ああ、確実に歳がばれるw ちなみに、高橋とは大学が違うにもかかわらず毎試合観に行っていましたw おかげで本人と握手し、サインボールをもらいましたw)、川上(中日)、藤井(ヤクルト)、鎌田(ヤクルト)、和田(ソフトバンク)、鳥谷(阪神)などがいます。

リーグの形式は土曜日曜と試合をして、2勝した方に勝ち点がつき、勝ち点が一番多い大学が優勝となります。
私の母校は格下の大学との対戦でした。土曜日はきっちり勝ったものの、日曜日は完封負けorz
どうも今期は打線に勢いがないのと、二人目のピッチャーの不在が問題になりそうです。
って、だめだめじゃんw
大学野球は4年で選手が入れ替わってしまうので、波が激しいんですよねw
それでも当然応援しますがw
月曜日は雨天順延で昨日なんとか勝ちを収め、勝ち点を取りました。

むー 初っ端からひやひやさせられます(´・ω・`)
試合数が少ないから、1敗でもすると結構ひびくんですよね。

そんなわけで、また週末に楽しみが増えました。
今期は優勝するといいなーヽ(´ー`)ノ
posted by Cion at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大航海な日々【大航海時代Online】

しばらくMMOから遠ざかっていた私ですが(といっても一週間ぐらい?w)、最近また大航海時代をやりつつあります。

一昨日はブロガーのルーさんを仲間に引き込み・・・、あとはなにしたか覚えてないやw

昨日は小型キャラベルを作ってもらい、その快速性にうっとりしていました。
そして、まず最初にやったことは・・・金策orz
持ち金が6000Dぐらいまでに減っていたので、ロンドンードーバー間の交易です。これって、一回で4000Dぐらい儲かるんですね。
適当にクエも交えて数往復、クエで立ち寄ったアムステルダムでイベントが発生しました。

イベントの内容は難破船救助のためにまずオスロへ行けと。
オスロ・・・遠いですorz
しかも怖いです。でも行かないわけにはいけないのです(⊃д⊂)

せっかくなので、オスロの航路開拓クエがでるまでまたもドーバーで交易です。
3往復ぐらいしたころかな?
航路開拓クエがでました。
オスロで木材を買い付ける元手も稼げました。
どきどきしながら出航です。

途中海賊に襲われ耐久度が減ったり(やっぱ装甲版は必要ですねw)船が汚れたのを放置していたらネズミが大発生し、さらにネズミが疫病をもらたらし、船員が全滅しかけたりしながらオスロに到着しました。
装備品の耐久度もぼろぼろですorz

今度はコペンハーゲンに向かった船を救助してこいと・・・
木材を買えるだけ買いこんでいざ出発です。
一路コペンハーゲン目指して南下。
見つかりませんorz
さらに南下。リューベックに到着しましたw

ここで木材を売り払ってちょっとうまーになりながら、今度は北上。
やっぱりみつかりません。
オスローリューベック間を何往復したか・・・
みれいさんから場所のヒントをもらって何とか発見しました。
1時間ぐらいかかったような?w

その間、FFで庭にずっといる仁奈さんの寝落ちチェックをしたりもしてましたw
残念ながら起きていたので、大航海に引き込みましたがw

オスロについて報告し、西地中海の入航許可をもらったので落ちました。
さあ、今日はセビリアに凱旋帰国するぞーヽ(`Д´)ノ
posted by Cion at 07:45| Comment(2) | TrackBack(0) | MMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

グインサーガ100巻

今日本屋に行ってきたら、グインサーガの100巻がでてました。
100巻。
すごいですよね。
一人の作家が書いた小説としては当然世界最長で、ギネスブックにも載っているそうです。

まあ、買ったわけですが、まだ読めません。
まだ93巻の途中までしか読んでないんですよね。
作者の栗本薫さんは1年に6〜8冊ぐらいのペースで書いているので、1年ぐらい読んでないことになります。

パロの内乱が終わって、新章にはいったところで、力つきたんですよねw
ノスフェラスだれすぎですw 
もうちょっとしたら面白くなるんでしょうけど。

本屋で買うときはカバーをかけてもらっているので、もうどの巻がどこにいったか分かりませんw
グインサーガ以外の文庫本もあるわけで、読まずにまだカバーがかかったままの本が50冊以上あるんですよね。
もう、探すのもマンドクセーな状態になってますw

それにしても、ためすぎですorz
やりたいこといっぱい。
でも、やれる体がなーい。
健康な体がほしい今日この頃ですヽ(;´Д`)ノ

ついでに書くネタもいっぱいあるのですが、マンドクセー(´_ゝ`)
ここに書いておかないと忘れちゃうから書きたいんですけどねw
posted by Cion at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。